お肉屋さんでのお肉の買い方、お客の立場からご紹介します。

東京都内の4人家族、しぶや家の節約ブログです。

年収1000万で住宅ローン6000万円完済を目指し、のんびり節約しながら暮らしています。


20代の頃は、なんとなく立ち寄りにくかったお肉屋さんとか、スーパーやデパートのお肉専門店。

美味しいお肉が手に入るので、今では週に何度か買いに行く。

でも、初めてお肉屋さんに入る時の不安な感じとか、どうやって買ったらいいかわからず、悩んでしまう気持ち、私も経験者なのでよくわかります。

今回は、お客の立場でのお肉屋さんでのお肉の買い方についてご紹介したいと思います。

お肉屋さんでお肉が買えるようになると、おうちごはんがますます美味しく楽しくなります。

お店の選び方

お肉屋さんって意外とたくさんあります。

活気があるお肉屋さんを選ぶのが、私のポイント。

お店に活気があったり、お店全体に清潔感があったりするところを選んでいます。

もしも近所のお肉屋さんに入るのを躊躇しているなら、スーパーやデパートの精肉店を覗いてみるといいと思います。

私は普段使っているお肉屋さんは決まっていますが、出かけ先のデパートで買うこともあります。

どのお肉を選んだらいいか悩んだら、お店の人に聞く

どのお肉が食べたいか、決まっているならそれを注文するだけなので、簡単。

でも、例えば「煮込みに使いたい」とか、「焼肉やりたい」とか、料理は決まっているけれど、お肉の選び方がわからない、という場合は、遠慮なくお店の人に聞くといいです。

「4人分のトマトと鶏肉の煮込みに使いたくて、手頃な値段が良い」とか、「一人でがっつり焼肉したい」とか相談してみると、どのお肉がいいか教えてくれます。

100グラム単位、もしくは枚数で注文するとスムーズ

我が家は80〜100グラムを1人前として、300〜400グラム程度購入することが多いです。

ひき肉でも豚こまでも牛切り落としでもだいたいそのくらい。

普通に食べたらちょっと余るくらいの量なのですが、お肉が美味しいと残らず食べきることが多い。

鶏肉に関しては、基本的には枚数で注文。

1枚250〜300グラムくらいかな。我が家がいつも行くお肉屋さんだとそのくらい。

注文の際は「豚こま300グラムと、合挽き200グラムと、鶏胸肉1枚お願いします」みたいな感じ。

もう作る料理や買う量が決まっているなら、その量に見合うグラム数買えばいいだけ。

100グラム単位じゃなくても、150グラムくらい欲しい、とか言っても対応してくれるお肉屋さんも多いので、初めてのお肉屋さんに行ったら、ちゃんと聞いてみるのが一番。

「150グラムで購入できますか?」とシンプルに聞けば、ちゃんと答えてもらえますよ。

お肉屋さんのお肉には、手頃な値段のものも多い

お肉屋さんのお肉って、高いイメージありませんか?

CF3C17F9-409F-4355-BB74-AC2F23A8081C

でも、見てください。

国産の豚こまも鶏もも肉も100グラム150円台(税込だと160円台)で買えるんです。

最近はスーパーでもお肉が同じような値段のことが多いので、だったら美味しいお肉屋さんで買いたいなと思います。

まとめ

今回はお肉屋さんでのお肉の買い方についてご紹介しました。

お肉屋さんのお肉って本当に美味しいし、食べ方のアドバイスも的確なのでほんと好き。

最近はスーパーの外国産のお肉も国産のお肉も結構高いので、節約が大変です。

豚こまやひき肉など節約の強い味方のお肉をお肉屋さんで買って、家族みんなで楽しく食べたいものです。

食費節約中。

https://shibuya-kco.com/archives/3228


お肉のプレゼント、素敵。

スポンサーリンク