立川まんがぱーくで土日の混雑を出来るだけ回避する方法。

立川まんがぱーくの土日休日は、とにかく混雑することが多いです。私が今まで行った経験と、お友達から聞いた話から、できるだけ土日休日の混雑を回避する方法をご紹介したいと思います。ちょっとでも混雑を回避して、立川まんがぱーくで過ごしやすくする参考になればと思います。

スポンサーリンク

開館10時の1時間〜30分前に到着すること


土日休日の混雑を回避するならば、立川まんがぱーくの入口に1時間〜30分前には到着すると良いです。これだけ早めに到着しておけば、押し入れ風読書スペースという個室のような場所を確保できるからです。個室さえ確保してしまえば、まわりがどんなに混雑しようとも、自分のスペースでリラックスしてまんがを読むことができます。

立川まんがぱーくに1時間前に到着すれば、ほぼ確実に個室を確保できます(2017年4月現在)。30分前でも、十分余裕があるかと思います。先日、土曜日に45分前に到着した際は、余裕で個室確保できました。10時の開館時間にはかなりの列ができていました。

以前立川まんがぱーくに初めて行ったとき、土曜日のほぼ10時に到着しました。その際は、すでに入場の列が進みはじめていたので、すぐに並びましたが、混雑のせいか個室を確保することはできませんでした。個室の2階部分に当たる屋根のないスペースがあったので、その半個室のようなところを確保して、過ごすことにしました。

ただのベンチなどより、自分だけのスペースがあるので十分ゆっくり過ごせましたよ。ちなみに個室はこんな感じです。

IMG_0283

お昼頃から夕方までは混雑のピーク


土日休日の立川まんがぱーくにお昼頃から夕方前までに到着するのは避けた方がいいです。一番混雑している時間で、入場制限がかかっていることもあります。

私は朝一番に到着して、14時くらいには立川まんがぱーくを退館することが多いです。14時くらいに入口をみると、「混雑しています」といった看板が出ていることがあり、館内はもちろん混雑しています。座るところがないわけではないですが、ちょっとごみごみしているな…と感じると思います。

この時間帯に入館するのは避けましょう。朝から入館していて、自分のスペースが確保できていれば、この時間の混雑は全然気になりませんので、やっぱり早めの入館が良いですね。

スポンサーリンク

夕方からの入館もおすすめ


朝が苦手…という方は、夕方から入館するのをおすすめします。私はこの時間帯土日休日の立川まんがぱーくに行ったことはありませんが、お友達から話を聞きましたところ、結構空いているそうです。

子供たちが帰る時間になるから、でしょうか。子供同士で来館しているグループも多いので、家に帰る時間になると、混雑が緩和されるのかもしれません。土日祝日は20時まで開館していますので、17時頃入館すれば、3時間はゆっくりできますね。

立川まんがぱーくの情報


開館時間

月曜〜金曜 : 午前10:00〜午後7:00
土曜・日曜・祝日 : 午前10:00〜午後8:00

入館料

大人(15歳以上、高校生以上) : 400円
小人(小・中学生) : 200円

平日限定入館パスポート

大人(15歳以上、高校生以上) : 2,000円
小人(小・中学生) : 1,000円

住所

立川市子ども未来センター 2F
〒190-0022 東京都立川市錦町3丁目2番26号
※JR立川駅南口から、徒歩13分
※多摩モノレール立川南駅から徒歩12分
※JR西国立駅から徒歩7分

立川まんがパークHP http://mangapark.jp より引用。


スポンサーリンク