千葉駅発のバスで、東京ドイツ村に行く方法。

先日の日曜日に千葉駅から出ている高速バスカピーナ号に乗って、東京ドイツ村に行ってきました。千葉駅から東京ドイツ村に向かいたいけれど、アクセス方法がよく分からない!という方の参考になればと思い、記事にしました。できるだけわかりやすく、詳細を残しておきます。

スポンサーリンク

千葉駅から9:05発のバスに乗りました


JR千葉駅の路線バスターミナルから少し離れたところ、BeeOne前21番のりばが、高速バスカピーナ号の乗り場です。意外と場所がわかりにくく、路線バスの運転手さんに聞いて辿り着きました。目印はかに道楽です。カニのふじおくんがいますので、このふじおくんを探して見ましょう。

29E7F590-F3E1-4240-A815-C1993377B3D5

ここがバス停。大通りに面していて、写真の奥の信号の先に見える路線バスが止まっているあたりがロータリー。

3A1ACF6C-D551-4B47-941F-85C837E9D1A2

このバス停にはカピーナ号以外のバスも停車します。乗り間違えないように注意しましょう。

千葉駅発ドイツ村行きのバス時刻表


5FF78B03-7DE1-4303-90EE-BA81A212A396

これがカピーナ号の時刻表です。星印が付いている時刻が東京ドイツ村を経由するバスの出発時刻です。私たちは千葉駅出発の中では一番早い9:05に乗りました。混雑はなく、トイレの付いたゆったりとした高速バスでした。途中の停留所でも乗車する方が何人かいましたが、混雑は最後までありませんでしたよ。

所要時間は約40分。車内でぼんやりしているとあっという間に到着します。

スポンサーリンク

高速バスカピーナ号で千葉駅から東京ドイツ村まで行くと片道950円かかる


ED17F8EA-810E-457C-B2A4-07F1F0B32BAE

カピーナ号は片道950円です。現金でも払えましたが、スイカやパスモも対応していましたよ。子供は半額です。

東京ドイツ村のバス停はゲートの目の前


AEDC76AA-1F9B-47F6-9334-90A73E0E63A3

バスを降りると目の前がゲートです。車の料金所のようになっていますが、徒歩でも通行可能ですよ。

D516FF11-5D2C-4B3A-8993-2C8C0BCBD9CA

もしも大きな荷物がある場合は、事前にバス停にあるコインロッカーの利用がおすすめです。園内は広大な敷地なので、荷物は最小限で動きたいですよね。園内のコインロッカーはゲートからはかなり離れているし、あまり使い勝手がよくない場所でした。園内のロッカーは丘の頂上にあるバーベキュー施設のトイレ近くなんです…

そうそう、園内に入るとすぐに園内バス(送迎車?)のような有料の乗り物の勧誘を受けます。「歩くとすごく遠い、何十分もかかる」と半ば強引な感じですが、小学生くらいなら全く問題なく歩いて頂上まで行って帰ってこれます。1人300円ほどかかるという、結構高いものなので、よっぽど歩くのが苦手じゃない限りはもったいない気がしますよ。幼児連れとかなら、乗ってもいいと思いますが。

帰りのバスはこちらを参考に


A3F9F1D4-30FC-4C0A-9042-11D2B0018989

私たちは帰りもカピーナ号に乗り、蘇我駅で降りました。帰りのバス時刻については、東京ドイツ村で確認ができますので、行ってから考えても大丈夫そうです。

バスの旅なら、東京ドイツ村のバーベキューでビールを飲んでも安心だし、乗っているだけなのでとっても楽です。園内を車で移動できないので、徒歩で移動することになるのですが、これがハイキングのように楽しく、結構いい運動になりますよ!

スポンサーリンク