ヨガパンツの下には何を履く?インナーはどうする?実際ヨガ教室に通っていて思うことや選び方

ヨガ初心者でいざタイトなヨガパンツなどを着用したり、緩めのトップスをヨガウェアとして選ぶとき、下着やインナーウェアをどうしたらいいのか?という疑問が湧きます。

私も実際そうでした。そこで今回はヨガウェア着用時の下着について記事にしたいと思います。

ヨガウェアは下着が響きやすい

ヨガウェアは生地が薄かったり、伸縮性があったりしますし、体のシルエットを拾うデザインが多かったりするので、下着のラインが響きやすいです。

動きやすく、体にフィットして綺麗なラインに見せてくれるのですが、下着が響くのは自分はもちろん、他人も気になるところです。

自分が気にしていなくても、ヨガ教室や屋外でヨガをする際は、他人にも配慮してインナー選びができると、お互いハッピーですよね。

ヨガの時の下着選びには注意が必要な理由

ヨガでは色々なポーズをとるため、下着が見えそうになったり、タイトなヨガパンツを履く機会が多いです。

トップスについてですが、緩めのヨガウェアを着用する際にはインナーには必ずスポーツブラやブラパッド付きのインナー(いわゆるブラトップのようなもの)の着用が必要だと思っています。

普通のブラだと動きにくいですし、ユニクロのルームウェア系のブラトップだとサポートが弱すぎて、胸元が見えてしまうこともあります。

スポーツ用のブラトップならば、しっかりと締め付けてサポートしてくれるので、胸元を気にすることなく動けます!


例えばこんな感じのブラトップを一枚で使用してもいいし、この上からTシャツなどを来てヨガをしても良いと思います。


一枚で着用できるタイプのブラトップ付きのタンクトップなら、1枚でサラッと着られますね。


ブラトップはこんな感じ。色々なブランドから出ていますので、ヨガウェアとお揃いで買うのもいいですよね。

ショーツはシームレスタイプやスロギーがおすすめ

タイトなヨガパンツの下に履くショーツはラインが響かないものがおすすめです。

ヨガ教室のスタジオが混み合っていると、どうしても前の人の下半身が見えてしまいます。

その時、ショーツが響いているのって嫌でも目に入ってくるのです。

別に女性同士だから良いのですが、なんとなく気になります。

「自分がそうなったら嫌だな」という反面教師になっています。


スロギーは私も愛用しています。形もいくつかあるし、カラーバリエーションも豊富。なので、ヨガパンツの色に合わせて透けにくい色を選べます。ブラックは意外と透けないのでおすすめです。

自分の体にフィットするものを選ぶのが大事です。

私はスロギーだと透けないのですが、ユニクロのシームレスだと生地がもたつくようで、ラインが少し出てしまいます。

Tバックについて

Tバックを勧める人もいるのですが、履いたことない方だと慣れるまでは抵抗がありますよね。

また、Tバックが透けてしまっている人を結構見かけます。

透けないためには、色選びと自分の体にフィットしたものを選ぶのが大事なのかもしれません。

ですが、ヒップラインに響くことなく、ヨガを楽しめるというメリットがあります。

私ははき心地が好きではないのと、油断して透けてしまいそうなので、Tバックは履かない派です。

シームレス系のショーツで満足できない場合は、チャレンジの価値ありです。

生理中はどうする?

ぴったりとしたヨガパンツではなく、緩めのリラックスタイプのヨガパンツを選ぶようにすれば大丈夫。

リラックスタイプのヨガパンツなら、透けたり響く心配がないですからね。

生理中などは緩めのヨガパンツを選び、ショーツが透けたりしないようにしたいですね。

どうしてもタイトなヨガパンツを着用したい場合は、タンポンや吸水ショーツを使うと良いかもしれません。

自分のヨガパンツとの相性で選ぼう

自分が選んだヨガパンツの色やフィット感によって、下着選びも変わってきます。

自分の持っているヨガウェアと相性のいい下着を選べば、ノンストレスでヨガに集中することができますよ。

また、透けるのが嫌!という気持ちが強いのであれば、ヨガパンツやヨガウェアを柄物にしてしまうと、透けないです。

私は柄物のヨガパンツを愛用しているので、透けることはあまり気にせずにヨガを楽しめています。

今はたくさんのヨガウェアやグッズが出ているので、自分の必要なものを上手に選びたいものです。

スポンサーリンク