高校生に電子辞書は必要か?→うちの子供の場合必須だと考える理由と選んだ電子辞書のこと。

高校生に電子辞書は必要なのか。

もうすぐ高校生になる子供の電子辞書の購入を考えたときに、そもそも必要なのかを考えました。

その結果、うちの子供には必須だと考え、子供に合った電子辞書を選んで購入しました。

今回のブログでは、なぜ電子辞書が必要だと考えたのかということと、電子辞書の選び方についてご紹介したいと思います。

高校生の子供に電子辞書が必要だと思った理由

22833637

学校がスマホ使用禁止

学校がスマホの使用禁止のため、授業中や校内での自習にスマホを使うことができません。

そのため、調べたいときには先生に聞いたり、教科書や辞書で調べることになります。

でも、自分専用に電子辞書があったほうが、わからないことをすぐに解決できるし、じっくり理解できますよね。

調べたいときにすぐに正しい知識を得られる

電子辞書なら、調べたいときにすぐに正しい知識を得られます。

今はスマホやパソコンを使って、ネットの情報を調べることができますが、正しい情報へのアクセスは電子辞書の方が早いし、誘惑がない。

大人だって、調べ物をしているうちに違うサイト見ちゃうことありますよね。

シンプルに必要なものだけが手に入るって、大事だと思います。

軽い、早い

紙の辞書と違って、何冊も重いものを持って歩かなくても済む。

辞書を引くスピードも電子辞書の方が早い。

私自身は紙の辞書が好きですが、学校・家・塾・カフェ・図書館など、いろいろな場所で勉強する機会がある今の高校生には持ち運びできる方が良いなと感じました。

高校生になると、調べる内容の難易度が上がる

今までも紙の辞書や小中学生向けの電子辞書を使っていたのですが、中学3年生になると今までの辞書では調べても出てこない情報が増えてきました。

高校生には高校生向けの電子辞書が必要なんだなと感じました。

電子辞書を選ぶ基準は、使う機能が入っているかどうか

24563019_s

当たり前ですが、必要だから電子辞書を購入するのです。

選ぶ基準は子供にとって必要な機能や使う機能が入っているかどうか。

商品内容を見てからだとブレるので、私は事前に子供から電子辞書を使うのはどういったタイミングなのか聞いてみました。

主に英和と和英と発音、国語と古語と漢字、とのことでした。

今まで使っていた電子辞書(エクスワード)にはチャロが入っていたり、いろいろなコンテンツが入っていました。

そのコンテンツについては、なくてもいい、とのことだったので、大学受験に対応できる英和と和英と発音、国語と古語と漢字が入っているエクスワードXD-SV4000を選びました。

上位モデルになるとコンテンツがたくさん入っていたり、大学受験をサポートするレベルのたくさんの辞書が入っています。

上位モデルを選ばなかった理由は、コンテンツやたくさんの辞書を使わなそうだったから。

受験時期になったら、塾に通い、テキストをやるので精一杯だと思うし、必要であればその都度参考書を買えばいいかなと感じたから。

子供自身もタブレットや電子辞書より、紙の参考書で勉強するのが好きなので、うちの子供には上位モデルはフィットしませんでした。

シンプルなものが一番。もっと難しい辞書や参考書が必要になったら、またそのときに考えます。

子供に合った電子辞書を選ぶなら、まず必要なコンテンツや機能を検討してみてください。

で、それが入っている辞書を選ぶ。

カシオの公式サイトが比較検討しやすいので、こちらのコンテンツ一覧を利用して検討するのがおすすめ。

製品別収録コンテンツ一覧

【子供のタイプ別】おすすめの電子辞書

高校生の電子辞書はカシオのエクスワードか、シャープのブレーンの2択です。

そもそも電子辞書市場はとても小さいので、売り場に行くとこの2択しか見当たらないのです。

うちの子供は小学生の頃からエクスワードを使いこなしていたので、エクスワード一択でした。

今回は高校生向けのエクスワードに特化して、子供のタイプ別におすすめの電子辞書をご紹介します。

英語が得意、将来的に英語を強化するつもりな子供にはXD-SX4910

XD-SX4910は高校生向けの英語強化モデルです。

英語・国語のコンテンツが多く、ハイレベルな英語学習に対応しているのが売り。

広辞苑や様々な種類の英語の辞書が入っています。

大学受験に使う用語集や単語集なども入っていて、かなりのボリューム。

XD-SX4910の価格は2022年9月現在、価格ドットコム最安値が29,000円。

よくわからないから標準モデルを試したい、大学受験にも使えるものが欲しい子供、みんなが持っている機種が欲しい子供はXD-SX4810

XD-SX4810は高校生向けのスタンダードモデルです。

語学検定や英文法に強く、6教科&大学受験をサポートしているのが売り。

先ほどのXD-SX4910は250コンテンツに対し、XD-SX4810は220コンテンツです。

それでもかなりのボリュームなので、いろいろ活躍の場は多そうです。

学校で子供達が持っているのは、このタイプが多い印象です。(我が子の周り調べ)

他の子と同じがいい!どれがいいかわからないからとりあえず標準モデルを、という場合、こちらを選ぶのが良いです。

XD-SX4810の価格は2022年9月現在、価格ドットコム最安値が17,500円。

高校生に必要な最低限の辞書があれば良い子供は、XD-SX4200かXD-SX4000

我が家が購入したXD-SX4000とXD-SX4200は高校生エントリーモデルと呼ばれるものです。

4200の方は60コンテンツ、4000の方は30コンテンツです。

我が家が購入したXD-SX4000の主な内容は大辞泉、明鏡国語辞典、新漢語林、古語辞典、ジーニアス英和、ロングマン現代英英、ジーニアス和英、発音トレーニング、などです。

山川の日本史小辞典や世界史小辞典、生物辞典、物理辞典、化学辞典、数学公式集なんかも入っています。

XD-SX4000の価格は2022年9月現在、価格ドットコム最安値が14,800円。

まとめ

高校生の電子辞書選びには2つのポイントがあります。

まず電子辞書が必要かどうかを考えること。もう一つはどんな目的で電子辞書を使うのかを考えることです。

この2つを考えて選ぶと、悩まないし、子供に合ったものが選べると思います。

スポンサーリンク