中学生だけでディズニーに行く際、お小遣いを15000円持たせて正解だった話。

子供がお友達に誘われて中学生だけでディズニーに行くことになった。

お小遣いをいくら持たせるのか悩んだ末、予備費も含めて15000円持たせて正解でした。

今回は中学生のディズニーのお小遣いについて、他のお友達のパターンも含めてご紹介したいと思います。

お小遣い、いくら持たせればいいの?と悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

チケット代を除いて、5000円〜15000円は必要。

22832335

チケット代は事前に支払っているので、お小遣いには含めないとして、お小遣いはそれとは別に少なくとも5000円以上は必要だと思いました。

うちの子供は中学生だけのディズニーは初めてだったし、ディズニーに行くのは数年ぶりだったので、お土産や自分が欲しいものを買う予定だったので、15000円持たせました。

ディズニーに何度も来ていて、数週間前にも来ているという慣れたお友達が使ったお金は6000円程度だったそう。ただ、使ったお金はその程度ですが、もちろん余裕を持ってお金を持ってきていたようです。

使う金額は人それぞれ。

お土産を買う場合は、事前にネットで相場を調べて予算を立ててお小遣いを渡すといいと思います。

みんなでカチューシャを買ったり、食事やおやつを楽しむお金は最低限必要なお金として渡した方が良いですね。

お土産を買わないなら、余裕を持って10000円。

お土産を買うなら、10000円から15000円のお小遣いで良いのではと、実際に子供が行ってみて感じました。

実際に中学生の子供が使ったお小遣い金額の内訳

実際にディズニーで使ったお金は15000円。

ロッカー、ランチ、夕飯、おやつ、みんなでつけたカチューシャ、これで6000円くらい。

あとは自分用のお土産や家族友人へのお土産が9000円。

普段、学校でいろいろなお友達にお土産をもらってばかりだったので、お返しとしてたくさんお土産を買いました。

また、自分の記念としても気に入ったものを買っていました。

とても満足して帰ってきたし、本人なりに予算の中で計画的に買い物してきたようです。

お小遣いの他に、準備するもの・ことについて

お小遣いの他に必要だなと思ったものは、チケット(忘れずに!)、十分にチャージされたパスモ(スイカ等)、夏の暑さ対策(ひんやりタオルなど)、スマホのモバイルバッテリーとケーブル、お財布、です。

それほどいろいろ準備していかなくても、今はスマホとお金があればなんとかなりますね。

まとめ

今回は中学生のディズニーのお小遣いについてブログでご紹介しました。

もし近々ディズニーに行くようなことがある場合、もうお土産代はそれほど必要ないのでお小遣いは7000円程度にしようかと思っています。

お小遣いはお土産の有無によって大きく変わるので、その辺りを考えて渡したいものですね。


これがとても役に立ったみたい。

スポンサーリンク