タイガーのスープジャーは300mlの大きさがおすすめです。

タイガーのスープジャーの大きさで悩んでいる人の、

「スープジャーの大きさが3種類あるけど、違いは何?」

「結局、どのスープジャーが一番いいの?」

「実際に使ってみての感想を知りたい」

といった疑問にお答えします。


私は先日、タイガーのステンレスカップ〈スープカップ〉MCL-BB030を購入しました。

いわゆるスープジャーです。

買うときに大きさが三種類あって悩みましたが、中間の300mlを買ってよかったなと思っています。

今回はその経験から、タイガーのスープジャーの大きさについてブログに書いていきたいと思います。


スープジャーの大きさの違いは、容量・保温保冷効力・容器本体の高さと重さ

タイガーのスープジャーの大きさは、容量250ml/300ml/380mlの3種類あります。

これらのスープジャーの大きさの違いは、大まかに全部で3つあります。

①スープジャーの容量の違い

これはスープが実際に入る量の違いです。

250mlだとマグカップくらい、300mlだとスープボウルくらい、380mlだとスープボウルに並々と、といった感じです。

②保温・保冷効力の違い

スープジャーの大きさによって、保温・保冷効力が違く、大きいサイズのものの方が、効力が高いです。

少量のお湯より、たくさんのお湯の方が冷めにくいのと同様、スープジャーも容量が大きいものの方が、保温・保冷効力が高いのです。

水位線容量 0.25L 0.30L 0.38L
保温効力(6時間) 49℃以上 54℃以上 59℃以上
保冷効力(6時間) 13℃以下 12℃以下 10℃以下

こちらはタイガーのHPからの引用です。

ご覧の通り、特に保温効力は大きく差があります。

③容器本体の高さと重さ

容器本体は筒状になっていて、幅や底面積はどのサイズのものも変わらないのですが、高さと重さが違います

水位線容量 0.25L 0.30L 0.38L
サイズ (約)(cm)
幅×奥行×高さ
9.0×9.0×10.5 9.0×9.0×11.9 9.0×9.0×13.9
本体質量 (約) 0.24kg 0.26kg 0.30kg

タイガーのHPからの引用です。

サイズの大きさについては、実物を見てもそれほど差があるようには見えないし、持った感じもそれほど差がありません。

店頭で実物をじっくりチェックしたのですが、どれもそれほど大きく差があるといった感じはなく、コンパクトで持ちやすいです。

さて、ここまでがスープジャーのサイズの大きな違いについてです。

逆にどのサイズも同じ仕様になっているのは、幅と口径です。

どのサイズも幅は9センチ、口径は7センチとなっています。

スープジャーの大きさは使う人の食べたい量で決める

スープジャーの大きさはを使う人の食べたい量で決めることをお勧めします。

実際に食べる量より小さいものを買ってしまうと、物足りないです。

実際に食べる量より大きいものを買ってしまうと、食べきれないです。

また、スープジャーに関しては、大は小を兼ねません

なぜなら、実際食べる量より大きいものを買って、その容量より少なめのスープを入れてしまうと、保温保冷効力が下がるから、冷めやすくなったり、食べるときにぬるくなるからです。

ちゃんと容量いっぱいに熱々のスープを入れないと、ぬるくなってしまって、せっかくのスープジャーを使いこなせなくなってしまいます。

このような理由から、ちゃんと食べる量のサイズを購入することをおすすめします。

タイガーのスープジャーがぬるいっていう噂が気になっている人の、 「実際使ってみた人のブログを読みたい」 「スープ...

私が300mlのスープジャーを選んだ理由は、やはり食べる量

私は300mlのチリレッドのスープジャーを選びました。

最初は店頭で大きいものを選ぼうとしたのですが、一番ちょうど良いサイズはどれかなーと考え、やはり食べきれる量である300mlを選びました。

立川のヤマダ電機で購入したのですが、その際、なぜか300mlだけ、250/380と比べてちょっと高かったのです。

多分、300mlが一番需要があるんでしょうね。

また、サーモスなどの他のスープジャーの存在も気になりましたが、他の人と被りそうもないことと、チリレッドの可愛さにやられ、即決しました。

個人的な感覚ですが、他のどのスープジャーよりも見た目が魅力的なので、おすすめです。

スポンサーリンク