PR

「ドラムと縦型どっち?」我が家が実際に縦型からドラムに買い替えた5つの理由

家具・家電・インテリアのこと
「ドラムと縦型ってどっちが良いの?」

今までずっと日立の縦型洗濯機ビートウォッシュを愛用していましたが、数ヶ月前にパナソニックのドラム型洗濯機に買い替えました。

今の我が家にとってはパナソニックのドラム型の方がダントツで良いです!

よかったと思っている理由は以下の記事にまとめてあります。

両方使ってみて思ったのは、

  • 家族が少ない場合や、子供が小さいうちは縦型が良い
  • 初期投資を減らしたいなら、縦型が良い
  • 洗濯の手間を減らしたいなら、絶対ドラムが良い
  • 洗濯のクオリティを上げたいなら、ドラムが良い

ということ。

日立の縦型ビートウォッシュとパナソニックのドラムとの比較になるのですが、初期投資が高いこと以外、ドラムのデメリットはあまりありません。

縦型洗濯機は気に入っていたし、洗濯するには必要十分な機能を備えていましたので、悪いところはありません。

でも、ドラム式の生活が快適すぎて、もうしばらくは縦型に戻る気はないのです。

もしドラム式の洗濯機を買うか悩んでいる人がいたら、絶対に買った方がいいと思っています。

初期投資は高いけど、パナソニックめちゃくちゃおすすめ

この記事を書いている人
東京都在住の40代専業主婦のケコミです。
夫は会社員。
高校生と中学生の子供がそれぞれ1人います。
現在、家計がかなりピンチなため節約中。
食費1ヶ月8万円が目標。
twitterやってます。girishibu

縦型のビートウォッシュからパナソニックのドラムを買うまでのこと

日立のビートウォッシュは2台連続で使うほど気に入って使っていたのですが、耐用年数が近づき、異音がしてきたので、そろそろ買い替えだなーと思っていました。

買い替えを考えた時、以下の5つの理由がありました。

  • 数年前にマンションから一戸建てに引越しをしたことで、部屋干しが常に目に見える場所に干されてしまうのが気になっていた。
  • 子供が大きくなり、洗濯物の量が増えたり、洗濯物の質が変わった
  • 家事負担を減らしたい
  • ドラム式洗濯機に興味津々
  • 温水洗浄がめちゃくちゃ気になる

ドラムを買うことを考えた時、30万以上する初期投資の金額が高いことと、「縦型とそんなに変わらないなら高い買い物はしたくない」というちょっとマイナスな気持ちもありました。

でも、家族に相談したら全員賛成だったし、金額に関してもちょうどまとまったお金が入る予定があったので、そのお金を使って買うことに決めました。

買ったのは前回と同じく新宿のヤマダ電機。

いつも空いていて買いやすいのと、店員さんが色々教えてくれて親切だし、設置に関しても以前しっかりやってくれたから、好きなんです。

買った価格は約32万円

値段に関して相談したところ、パナソニックは値下げができないとのこと。

ただ、時期によっては安くなるみたいだったので、私は相談してから数ヶ月後に購入しました。

3月に相談に行った際は税込34万円ほどでしたが、私が購入した5月下旬は税込32万円しないくらいでした。

後から調べたところ、7月には31万円程度になったようです。

ビートウォッシュの調子が悪くなっていたので、7月までは待てませんでしたが、2ヶ月待って2万円以上安く買えたのは嬉しかった!

これ以外に搬入時に2名の作業員の方が必要で2階設置ということで3,300円、洗濯機の高さを上げるための部品2,930円、搬入の時間指定500円で、トータル6,730円かかりました。

もともとうちにあったビートウォッシュは搬入時に2000円で買取してもらいました。

搬入はとてもスムーズ

搬入に関しては、購入時に搬入見積もりの予約と搬入日の予約をしました

事前にちゃんと搬入できるのかどうか、搬入経路をチェックしてもらい、見積もりを出してもらいました。

その後搬入日を迎え、とてもスムーズに設置終了。

すごーく重そうで申し訳ないくらいでしたが、慣れた様子でスピード感ある設置でした。

どの作業員の方もとても親切だったし、一生懸命作業していただいたので、感謝感謝。

やっぱりヤマダ電機に頼んでよかった。

洗浄力はドラム式の方が良い

縦型の洗濯機の方が洗浄力が優れていて、ドラム式は洗浄力が弱い、みたいなイメージがあったのですが、私の買ったパナソニックのドラムは、洗浄力バッチリでした!

さらに温水洗浄の機能を使えば、縦型洗濯機よりもかなり汚れ落ちが良いです。

縦型の洗浄力には十分満足していたのですが、ドラムに付いている機能を使いこなして洗濯することで、本当に汚れがよく落ちることを実感していて、もう縦型には戻れないかもしれません。

温水洗浄機能を使うことで、匂いや黄ばみが気になる衣類もスッキリ洗濯できるし、除菌コースもあるのでキッチンクロスの洗濯も楽々。

電気代はあまり変化なし

我が家の場合、電気代はドラム式の方が安く済み、実際に電気代の負担が少なくなっている実感も少しあります。

ただ、縦型の頃は除湿機を使って乾かしていたことや、ドラムにしてから乾燥機能を使っていることを考えると、電気代はそれほど変わらないようです。

最近の家電はかなり省エネを意識しているので、ドラム式の洗濯機を使用したからと言って、電気代が高くなるようなことはありませんでした。

ちなみに水道代は結構安くなり、毎月数千円ほどの節約になっています。

ドラムにしてから衣類の痛みが改善した

それぞれの衣類に合わせたコースを使って洗濯できるから、衣類が痛むことはなくなり、タオルはいつもふわふわ。

縦型の時は衣類が絡まってしまって、ちょっと痛むことがあったんだけど、そんなことも少なくなりました。

匂いや汚れが気になったら、温水洗浄コースを使えば、気持ちよく過ごせるし。

パナソニックのドラム、ほんと買ってよかった。

コメント