立川で小学生と遊ぶなら、立川まんがぱーくがおすすめ。

先日の土曜日、小学校低学年の子供たちと一緒に立川まんがぱーくに行ってきました。4時間ほど滞在しましたが、また絶対に行きたい!と思えるような施設でしたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

西国立駅が最寄り駅


JR南武線の西国立駅で下車し、7分ほど歩いたところにありました。駅まではほぼ直進ですし、看板が出ていたりするので、迷う事無く行けました。立派な建物なので、ワクワクしますよ。立川まんがぱーくは立川こども未来センターの2階にあります。

土日は10時前に到着するべし


私が行ったのは土曜日の10時少し前でしたが、既に並んでいる人がたくさんいました。晴れた1月の土曜日でしたが、20〜30人は並んでいたかと思います。小学生の団体や家族連れが多いですが、小さな子供連れはあまりいないので、列は静かでした。

なぜわざわざ並んでいるのかは、入館してすぐに分かりました。「場所取り」です!立川まんがぱーく内には押し入れのような個室空間がいくつかあり、自分の好きな場所をみなさん確保していました。私は初めてで、最初はうろうろして時間をロスしてしまったため、押し入れ的な個室は確保できず…とっても居心地が良さそうなプライベートスペースのようでしたので、次は必ず個室をゲットしたいです!

至れり尽くせりな施設


荷物は無料ロッカーに預けて、好きな場所を確保したらあとは好きな漫画や絵本をひたすら読みます。場所の確保にはみなさん上着などを利用していました。漫画は10冊まで本棚から持っていく事が出来るので、一度漫画を選んだらしばらく集中して読む事ができます。

小学1年生の子供など、まだ漫画が少し難しい年齢の子供は絵本やゾロリなどの本のコーナーがありますので、そこを利用するのが良いです。ただ、絵本などの種類は漫画に比べて圧倒的に少ないので、漫画を読めない年齢の子供はちょっと退屈になってしまうかも。

だいたい小学3年生以上の若者が多くいる感じでした。小さな子供を連れてきている家族もいましたが、みんな結構静かに読んでいるので、子供が騒がないようにするのが大変そうでしたよ…

そうそう、食事ですが飲食持ち込みOKなので、おうちから持ってきても良いと思います。途中退出して買いにいく事はできないので、もしもコンビニなどで買ってくる場合は、事前に寄ってきた方がいいと思います。中に売店があり、値段もかなりお手頃なのでそちらで買って食べるのがおすすめですよ。

ラーメンやカレーなども250円くらいで食べる事ができます。お菓子や軽食もそろっています。食べ物ですが、自分が漫画を読んでいるスペースに持っていって食べる事ができます。

スポンサーリンク

土曜日の10時〜14時までの混雑具合


午前中は比較的スペースに余裕があり、みなさん思い思いの場所を確保して漫画を楽しんでいるようでした。お昼くらいから人が増え始め、14時頃には読む場所を探さなければならないくらい混雑していました。

朝から来ていた人たちは個室を確保していますので、まだまだ帰る気配もない感じです。私たちが出たあとのスペースも、すぐに他の人が確保している様子でしたし。やっぱりオープンから入館するのがおすすめです。

4時間読み続けた


大人が読むような漫画もたくさんおいてあるので、私もとっても楽しめました。漫画の種類はまんべんなくある感じで、ドラえもんや手塚治虫などの有名漫画はもちろん、大人が読むような闇金ウシジマくんなども置いてありますよ。

子供たちは「絶対にまた来たい!」と言っていました。料金は時間無制限で大人400円、子供200円です。食事や飲み物を持っていけば、1000円以内で一日楽しむ事が出来ますね。小さい子にはあまり向かない施設ですので、小学3年生以上の方におすすめ施設です。

若いお友達同士の方や家族が多く、デートなどで利用している方は少ない感じがしました。もしもデートで利用するなら、10時前に並んで個室確保すべきです!

とっても楽しい施設でしたので、おすすめです!近くに住んでいる人がうらやましいくらい。平日年間パスポート的なものもありましたが、うちは遠いので平日利用は無理…また、土日の午前中を狙って行きたいと思います!

立川まんがぱーくのHP→立川まんがぱーく

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

スポンサーリンク