バカリズムのドラマ、黒い十人の女には原作があった!

木曜日の夜にやっている黒い十人の女にはまっています。第一話から録画して欠かさず見て、毎回笑わせてもらっています。気になってちょっと調べてみたところ、このお話には原作があったのです!

スポンサーリンク

もとは1961年の映画


すごい。50年以上も前の映画だったんですね。Wikipediaで映画のあらすじをチェックしてみたんですが、ドラマとはほとんど内容が違うみたいです。ただ、大枠は一緒で風松吉がプロデューサーであることや、10股している点はドラマも映画も同じです。

あと、何よりも気になったのは、当時の映画の主演が船越英二であること。今回のドラマはその息子である船越英一郎が務めています。その事実を知っただけでも、ドラマを数倍楽しめそうです。時間があるときにこの原作映画も見てみたくなりました。またまたWikipediaによると、以前も舞台になったりドラマになったりしたことがあるそうです。全部チェックしてみようかな…

ドラマのあらすじ


風末吉っていうテレビ局のプロデューサーがいて、奥さんの他に9人の愛人がいるんです。愛人は基本的にテレビ局の関係者が多め。この女性達がお互いの存在を知り始めて、飲みにいったり喧嘩したり、結託したりしていろいろ楽しませてくれるんです。まだ見ていない人のために詳細は書きませんが、毎回修羅場があります。

スポンサーリンク

成海璃子がいい感じ


成海璃子演じる久未をついつい応援してしまう。一番まともな感じなんだけど、先日の回でかなりの取っ組み合いをしているのを見て、この人もまともじゃなかった…と思った次第。友達とのLINEのくだりがおもしろい。LINEやっていないんだけど、ちょっとやりたくなったし。

今秋一番のドラマかも


逃げ恥や相棒、ドクターXなど面白いドラマがたくさんあるのですが、黒い十人の女だけは毎週欠かさず見ています。そのくらい面白いので、おすすめです!バカリズムのドラマと言えば素敵な選taxiもありますが、それよりも数倍面白いと思う。素敵な選taxiもかなり面白いので、見ていない方はぜひ!

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

スポンサーリンク