幡ヶ谷駅から代々木公園まで行く6つの方法

幡ヶ谷駅周辺から代々木公園まで遊びに行きたい!という場合、いくつかの方法があります。予算も考慮の上、行ける方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

歩く


一番お金もかからず、健康的な方法。大人の足で30分くらいで行けますよ!ちょっとしたお散歩にもぴったり。グーグルマップに沿っていけば、住宅街の中をのんびりお散歩気分を味わえます。

自転車


アップダウンが激しいので、普通のママチャリだとちょっと辛いかもしれません。住宅街を通るルートより、甲州街道を幡ヶ谷駅から新宿方面にまっすぐ行って、初台交差点を渋谷方面に曲がって山手通りを走るルートをおすすめします。

幡ヶ谷駅から初台交差点までの歩道は広く、歩行者も少ないので、自転車でも快適に走れますし、アップダウンもそれほどありません。子供連れで自転車で走っても余裕です。山手通りは富ヶ谷の交差点まで行くのですが、基本的に下り坂だし、自転車専用のレーンが歩道に設置されていてとても走りやすいです。

富ヶ谷の交差点まで来たら原宿方面に曲がって少し走れば代々木公園に到着です!いろいろなルートを自転車で走りましたが、少し遠回りでもこのルートが一番走りやすかったです。子供と一緒だと自転車で20分かからないくらいかな。

タクシー


とにかく疲れちゃってるからお金かかってもいい!という場合は、タクシーですね。だいたい1000円ちょっとで行けます。ただ、道が混んでいると時間もお金も結構かかってしまいます。スムーズに行けば10分くらいで到着です。

渋66と渋63のバス


幡ヶ谷駅から出ているバスです。ルートは違いますが、どちらも渋谷駅行き。富ヶ谷で降りて、少し歩けば代々木公園です。だいたい20分くらいで到着しますが、遅れたり混んでいる事もしばしば。時間に余裕を持って利用しましょう。

料金は210円です。土日や長期休暇になると子供料金が50円になりますので、土日はよく利用しています。ただ、ちょっと注意が必要で、SuicaやPASMOで支払うと50円にはなりません。また、京王バス以外の都営バスでは通常の料金100円になりますので、気をつけてください。

同じルートを運行するのに会社によって、違いますのでちょっとややこしいです。あくまでも子供料金の話ですが、子供が多いと結構節約になります。

スポンサーリンク

ハチ公バスに乗る


幡ヶ谷駅から徒歩7分ほどのところにある、ケアコミュニティせせらぎ(スポーツセンターの隣)から乗車して、代々木八幡駅入口または富ヶ谷、または代々木公園で下車します。ハチ公バスの利点は、広い代々木公園の中でも行きたい場所の近くでピンポイントに下車できる事です。

西門を利用したい場合は代々木八幡駅入口、競技場やサッカー場の方なら富ヶ谷、イベントがやっているあたりや代々木競技場、明治神宮側の入口を利用したいなら代々木公園で下車しましょう。料金は大人も子供も100円です。未就学児は無料。普通のバスより小さめなので、座席が少ないです。また、バス停が多いため、所要時間が結構かかりますのでご注意ください。

代々木上原から電車に乗る


幡ヶ谷駅から歩いて約15分で代々木上原駅です。そこから千代田線に乗って代々木公園駅で下車します。駅から歩いて5分ほどで代々木公園の西門です。料金は170円。

代々木上原駅から小田急線に乗って代々木八幡駅まで行くという方法もあります。八幡駅からも歩いて5分ちょっとで代々木公園の西門です。料金は130円。

いかがでしたか?私がよく使っている方法をできるだけ細かく紹介したつもりです。他の用事や一緒にいる相手に合わせて使い分けてみてください。ハチ公バスは難易度高めなので、もしも土地勘が全くない場合は普通のバスをおすすめします。ですが、とっても便利ですので、チャレンジしてみる価値ありです!

 

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

スポンサーリンク