中学生のお小遣いはいくらあげてる?我が家は試行錯誤の末、2000円〜3000円にしています。

東京都内の4人家族、しぶや家の節約ブログです。

年収1000万で住宅ローン6000万円完済を目指し、のんびり節約しながら暮らしています。


720275

小学生時代からずっと試行錯誤を続けている、子供のお小遣い問題。

我が家は現在中学生の子供が2人いて、いろいろ試した結果、2000円から3000円に落ち着いています。

今回はその試行錯誤についてと、お小遣いに何を含めているかをブログに書いていきたいと思います。


中学生のお小遣いの平均額は2500円から3000円程度というデータを見た

中学生のお小遣いの平均をいくつかのサイトで調べてみたところ、2500円から3000円程度だとわかりました。

我が家は中学1,2年生のうちは2000円、中学3年生は3000円としていますので、ちょうど平均くらいですね。

子供たちもこれで十分やりくりできているようなので(欲しいものはたくさんあるけど、優先順位をつけて購入するように伝えています)、我が家は平均程度が妥当な金額のようです。

もちろん、家庭の状況や部活、習い事、通っている学校によって、この金額じゃ全然足りない子供もいると思います。

実際、周りのご家庭で私立に通っていたり、毎日のように部活や習い事に行っている子、遠くまで通学している子などを持つ家庭は、もっとたくさんのお小遣いをあげています。

本当にそれぞれの家庭での考え方によって違うなーと感じますし、だからこそ悩む。

私も散々悩んだので、ママ友に相談してみたり、子供とどうするか一緒に話してみたり、実際にいろいろ試しました。

各家庭それぞれとはいえ、平均額がなんとなくわかると安心できるので、知れて良かった。

我が家のお小遣いの変遷

小学生のうちは一貫して、学年数×100+500円、としてきました。6年間、変わることなくこの金額。

例えば6年生なら1100円です。幼稚園児なら500円。幼稚園からあげていました。

文房具やおやつ、本や漫画など、子供から「欲しい」と言われて、本当に必要だったり、楽しめそうだったり、大事にできそうだと親が判断したものはお小遣いとは別で買ってあげていました。

例えば帰り道に見かけた自販機のジュースや、ガチャガチャなど、親から見て「これは突発的な衝動買い」と判断したものに関しては「自分のお小遣いで買ったら?」と言います。

どうしても欲しい場合は、自分でお小遣いを使って買うのですが、たいていは買わない(笑)。

親の価値観でこちらの判断を伝えていますが、どうしても欲しいものはお小遣いで買えるので、価値観を押し付けすぎずに子供の意思もある程度尊重できたと親としては思っています。

で、問題は中学生のお小遣いですよね。

長女が中学生になったばかりの頃は、コロナで学校に行くものままならず、遊びにも行けないので、お金を使う機会が全然ありませんでした。

そのため、小学生の頃のお小遣い制度を継承していたのですが、通常に戻ってきた時、「洋服が欲しい」「化粧品が欲しい」「友達と遊びに行きたい」と、たくさん楽しみたいことが増えてきたため、お小遣い制度を大幅に変更しました。

長女は計画的にお金を使えるタイプだったので、思い切って1年分13万円を現金で渡すという試みをしました。(無理だったら途中で変更可能にして、実験的に)

洋服や文具や自分に関することは全てこの金額で賄う約束ではじめました。

ただ、計画的に使える性格が故、貯め込んでしまい、楽しみを渋るようになってしまったので、半年で断念。

私が管理した上で、好きなものを買ってもらったり、友達と遊びに行くときはその都度お小遣いをもらう、というやり方のほうが長女には合っていました。

いずれは1人でお金を管理しなければならないので、本人がまたやり方を変えたいと言ってきたら、対応したいなと思っています。

お小遣いに含めるものと含めないもの

小学生の時と同様、親が必要だと判断したものについては、お小遣いとは別にお金を渡しています。

お小遣いは親の判断なしに自由に使えるお金、という位置付け。

漫画を買ったり、推しのグッズを買ったり、コスメや雑貨購入、プレゼント購入、などでお小遣いを使っているようです。

一方、友達とのランチやお茶、洋服や化粧品、文房具、プレゼント、交通費、スマホ代、などなど親が必要だと判断したものはお金を渡しています。

ファミレスでのランチやカフェでのお茶は大人でも必要な息抜きだし、楽しみだし、頻繁でなければ必要と判断していますので、その都度お金を渡し、お釣りとレシートを受け取っています。

調子に乗って、よくわからないものを食べすぎたりしている場合は、「これは次からはお小遣いでお願いします」と伝え、使いすぎを防止。

お小遣い以外のお金に関しては、事前に「今日はこれでお金をこのくらい使うので、下さい」と、申告してもらっています。

事前にお金の使い道を決めることで、衝動的な出費がないようにして、かつ楽しいことにお金を使えるようになって欲しいとの願いからです。

お手伝いや家事でお金をあげることはやめた

以前、お手伝いや家事を種類ごとに金額を決めて、お小遣いをあげてみたことがありました。

まあ、楽そうな家事しかやらない(笑)

本来、家族みんなの家だし、家事は全員に責任があるのだから、という考えを持っている私にとって、対価を払うときだけ家事をする、というのはなんとなく違和感。

あと、いちいち家事ごとに金額を計算するのが面倒になってきて、この制度は自然消滅。

女子の化粧品や洋服はお小遣いではなく、別にお金を渡しています

先ほども言ったように、女子の化粧品や洋服はお小遣いとは別で買ってあげています。

欲しいと言ったものは、家庭の予算の範囲内であればできるだけ買ってあげてはいます。

部活や学校で忙しくて、なかなか買いに行く時間がないので、そんなに欲しがることはないです。

洋服はシーズンごとに必要そうなものだけ、化粧品は今使っているものを使い切ってから、など物を大切にできるようにはしています。

まとめ

今回は我が家の中学生のお小遣いについて、いろいろブログに書かせてもらいました。

たくさん失敗したし、これから成長することでまた変化があるかとは思うのですが、ちゃんと子供のことを考えて、話を聞いて決めていけたらいいなと思っています。

子供がどう思っているかはわからないですが、健康に楽しく生きていって欲しいから、バランスを大切にして、お金の管理をしていきたい。

こんな本も参考になる。

スポンサーリンク