下肢静脈瘤の症状が気になり、病院に行ってみた。

以前、下肢静脈瘤(読み方:かしじょうみゃくりゅう)かもしれない症状が気になり、原因や治療方法を調べてから二つの病院に行ってきました。評判や口コミを調べ、当時住んでいた地域の病院と、お茶の水血管外科クリニックに行きました。手術も覚悟していたのですが、意外な結果が待っていたのです!

スポンサーリンク

下肢静脈瘤とは?


ふくらはぎの血管がぼこぼこしていたり、血管が透けて見える人を見た事がありませんか?このように見える人全員というわけではないようですが、足にある静脈の血が溜まる事によって血管がぼこっとして見える病気を下肢静脈瘤といいます。

原因の一つとして遺伝がありますので、両親などが下肢静脈瘤の人は注意が必要です。他にも、妊娠や立ち仕事で発症する方もいます。症状は痛みやだるさ、むくみ、かゆみ、足がつるなどです。何と言っても見た目が気になりますよね…スカートを履くのを躊躇してしまう事も。

治療方法は保存的治療(弾性ストッキングやマッサージで進行を予防する)、硬化療法(静脈瘤に薬を注射して血管を消す)、手術(ストリッピング手術と行為結紮術)、レーザーや高周波治療などがあります。詳しくは「下肢静脈瘤」でググるとたくさん出てきます!

私の症状


私の症状ですが、上記のようなだるさ、むくみ、かゆみ、足がつる、血管がぼこっとして見える、とまさしく下肢静脈瘤の症状のオンパレードです。いろいろネットで調べてみて、自分は絶対化し静脈瘤だと確信したのです。

気になってマッサージをがんばったり、むくみ防止のタイツを履いて寝たりしていました。夏になるとスカートを履くのがちょっと億劫になっていたので、冬のタイツを履ける時期はスカートを楽しんでいました。

近所の病院で硬化療法を検討


近所で下肢静脈瘤の硬化療法をやっていると標榜している病院があったので、一度診てもらう事にしました。すぐに「硬化治療やりましょう」「どこを消したいの?」「そんなに目立たないけどね〜」といわれ、ちょっと戸惑う。

こちらの意見を聞く事もなく、手術日の予約となりました。勢いで予約してしまったけれど、血管を診察の椅子に座った状態で軽ーく診察されただけで、ちょっと不信感。夫に相談したところ、「どうしても治さないといけない病気じゃないのに、血管を消すとか怖いからよしなよ」と言われる。ただ、血管が浮いて見えるに対してはとっても悩んでいたので、自分でもよく考え、調べた。

結果的に、手術日はキャンセルし、その病院に行く事は二度とありませんでした。その病院、肛門科・内科・乳がん検診など、今考えたら専門性に欠けた病院でした…当時は田舎に住んでいたので、すぐに他の病院に行く事も無く、悩んだまま時が過ぎていきました。その間も進行しないようにマッサージをするようにしていました。

スポンサーリンク

お茶の水血管外科クリニックに行ってよかった!


渋谷区に引っ越して来てから、やはり一度病院でちゃんと診てもらいたいと思い、できるだけ通いやすく、良さそうな病院を探しました。ネットの口コミや評判を調べて、お茶の水血管外科クリニックを予約。はじめての受診は電話予約が必須なので、電話すると親切な対応でホッとしました。

病院はビルの5階にあり、明るく清潔感のある待合室でした。受付を済ますと、超音波による検査をしました。ベッドの上に立った状態で、血管の状態を詳しく検査してくれました。親切に話をしながらの検査だったので、リラックスした状態で受ける事ができましたよ。

私の時は女性の専門技師だったので、良かったです。超音波の検査が終わったあと、先生とお話(これが診察かな?)をしました。なんと私は下肢静脈瘤がほぼ無かったのです!一カ所だけ小さなものがある、とのこと。ほかの血管については健康だし、透けて見えたりするのは皮膚が薄く白い体質のせい、とのこと。

どうしても気になる場合は、手術や治療も可能、という説明も丁寧にしてくださいました。終止とっても感じのいい病院で、本当に行ってよかったと思いました。

感想


皮膚が薄く白い事は自覚していましたが、まさかそのせいとは…言われてみれば、足だけでなく全身の血管が透けて見えやすいんですよ。さて、むくみによって目立つ事があるので、それを防止していくか、治療をするか、という選択ですが、病気ではないので私は予防を選択しました。すでに年齢的に短いスカートを履くこともないし!

そうそう、かゆみは乾燥のせいだったし、むくみや足がつるのはストレッチやマッサージでかなり改善したので、どうやら下肢静脈瘤のせいではなかったようです。一つ目の病院で硬化療法をやらなくて良かったです。やっていれば少しは見た目が良くなっていたかもしれませんが、気持ち的に自分がどういう状態なのかをはっきり知った上で選択するのが一番だと感じました。

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

スポンサーリンク