初めてのメルカリで、発送についていろいろ思ったこと

メルカリで商品が売れると、「発送してください」というメッセージが届きます。さて、できるだけ安く発送したい!と思ったときに、いろいろ調べたことを記録しておきますので、参考にしてみてください。初めての出品については別記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

チケット類の発送

これはとっても簡単なんです。最安なのは62円のミニレターですが、普通郵便でも82円で送れます。20円の違いですが、ちりも積もれば山となる、ですよ!高額なチケット類を発送する際は、料金がかかりますが簡易書留がいいようです。簡易書留はミニレターや普通郵便に310円追加するだけで、郵便の追跡と5万円の保証がついてきます。私はまだ普通郵便でしか送ったことがありませんが・・・

発送する際に、一言お礼のメッセージを添えたり、水濡れ防止のため袋に入れてから封筒に入れるなどの工夫をすると喜ばれるかと思います。

子どもの靴を発送

結構悩みました。私の場合、軽いバレエシューズだったので、定形外郵便にしました。ご存知の方も多いと思うのですが、定形外郵便は三辺の合計が90センチ以内で、4キロ以内のものなら送ることができるのです。重さで料金が変わります。バレエシューズは250g以内だったので、250円で発送できました。らくらくメルカリ便というサービスもありますので、商品の重さと大きさによって使い分けましょう。

スポンサーリンク

洋服を発送

薄手の洋服についてですが、メルカリ便か定形外郵便を使っています。これも靴と同じで重さと大きさを考えて、どちらのサービスを利用するか考えましょう。出品のときにどの発送方法にするか決まらない場合は「未定」としておくことができますので、便利です。また、最初に「定型・定形外」を選択していたけれど、発送の時点で「らくらくメルカリ便」に変更することも可能ですよ。「定型・定形外」から「らくらくメルカリ便」に変更する場合は、購入者に発送連絡をする画面から手続きできます。

定形外郵便の料金

らくらくメルカリ便の料金

らくらくメルカリ便を最初から選択しておくと安全が手に入る

らくらくメルカリ便はお互いに住所などを知らせること無く取引ができ、送料も安めで、トラブルの際は保証もついています。商品によっては、定型や定形外郵便の方が安いことも多いのですが、数十円の違いならメルカリ便の方がメリットが大きいような気がします。メルカリ便を出品の時点で選択しているなら問題ないのですが、発送の際に定形外などからメルカリ便に変更する場合は、匿名発送ができませんのでご注意を。

発送したら、間もなく取引完了!

発送が済んだら、メルカリ画面右上のやることリストを使って、商品の発送連絡をしましょう。あとは、相手からの受け取り評価を待ちます。これで一安心。売上金を確認したい場合は、「設定」画面の「売上・振込申請」ページをチェックしてみてくださいね☆

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=1]

スポンサーリンク