2020.2.29まで いちかわふらりまち歩きスタンプラリー

長女の模試のために、本八幡駅周辺で暇つぶし。次女と一緒にいちかわふらりまち歩きスタンプラリーにチャレンジしてきました。

徒歩圏内ではないスタンプラリーなので、ウォーキング&バスや電車を使って、楽しんできました!

スポンサーリンク

いちかわふらりまち歩きスタンプラリーの概要

いちかわの観光スポットを巡ってみませんか

市内各所の観光スポットを巡ってスタンプを集めるスタンプラリーを実施します。
市内11か所のスポットに設置しているスタンプを4つ以上集めると、素敵な賞品が当たる抽選にご応募いただけます。
ぜひチャレンジしてみてください。いちかわふらりまち歩きスタンプラリー専用リーフレット
※下記画像をクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが表示されます。(全4ページ 約2.4MB)

実施期間

令和元年8月1日(木)から令和2年2月29日(土)

応募期間

第1回抽選 令和元年8月1日(木)~令和元年11月30日(土)応募分
第2回抽選 令和元年12月1日(日)~令和2年2月29日(土)応募分
※当日消印有効。当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

スタンプラリー参加方法

(1)下記スタンプ設置場所などで専用リーフレットを入手。
スタンプラリーの台紙がついています。

(2)市内各所にあるスタンプを押してください。
全11つあるスタンプのうち4つ集めることが応募条件です。

(3)必要事項を記入し、ハガキを切り取り、切手を貼ってポストへ投函。

(4)抽選で素敵な賞品が当たるチャンス!

スタンプ設置場所

スタンプ設置場所 各スポットのスタンプの場所
市川市動植物園 管理事務室受付
里見公園 花と緑のステーション
考古博物館 受付近く
受付近く
行徳神輿ミュージアム(中台製作所内)(外部リンク) ミュージアム館内
行徳ふれあい伝承館 資料館
クリーンスパ市川 エントランス付近
広尾防災公園 管理棟
道の駅いちかわ(外部リンク) 道の駅いちかわ館内
アイ・リンクタウン展望施設 展望施設内
文学ミュージアム 通常展示室入口
この旗が目印です。
いちかわふらりまち歩きスタンプラリー のぼり旗が目印です

賞品内容

A賞:山崎製パン株式会社フレンチレストラン ルミエール2,000円分食事券 (各回1名)
B賞:山崎製パン株式会社 和梨バームクーヘン3個入り (各回5名)
C賞:京成電鉄 オリジナルグッズ (各回5名)
D賞:道の駅「いちかわ」 レストラン トラットリア アル ポンテ ペアランチ券(2,000円×2) (各回5名)
E賞:J:COMキャラクターグッズ (各回5名)
F賞:クリーンスパ市川  招待券 (各回5名)

  • 景品の受け取りはお一人様各1回となります。(最大で2回)
  • スタンプラリーは予告無く中止する場合があります。

こちら、2019年11月現在の市川市のホームページの告知です。最新情報はリンクをご確認ください。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/eco04/1111000129.html

39329A64-3454-4DFC-BCBD-55B0EF9C591C

これはスタンプラリーの台紙についていた地図。4箇所選ぶときの参考にしてみてください。

市川真間駅をスタートし、まずは道の駅いちかわへ

市川真野駅のジョナサンでモーニングを食べ、作戦を立てました。とても徒歩で回れるような距離ではないのですが、天気が良くて歩きたいのでまずは市川北IC近くの道の駅いちかわに向かうことにしました。

だいたい2.5キロくらいは歩いたと思います…すでに次女と私はぐったりでしたが、スタンプリーの台紙を無事にゲットし、可愛いスタンプを押したらテンションアップ!

休憩も兼ねて、道の駅いちかわでお買い物したり、次の場所への行き方を調べたりしました。

私は千葉といえば!の落花生のほか、乾物(あおさのりが入ってる味噌汁のもと)、なにやら美味しそうな無添加ドレッシングをゲット。無意識でしたが、重いものは回避。

次女はチーバくんかぴーにゃっつのグッズを買うかどうか散々悩んで、ぴーにゃっつのキーホルダー的なものをゲット。ぴーにゃっつとは下記のようなキャラクター。

wifiも使えるし、ソファでゆっくり休んだり、お茶するスペースもあるのでのんびりできました。

産直系の野菜や千葉の名産品などが、たくさん売っていてとっても素敵な場所でした!

2つ目のスタンプは無料の施設、考古博物館へ

道の駅いちかわから一番近いスタンプラリー設置場所は、北総線北国分駅近くの考古博物館。近いとはいえ、1.5キロ程度あります。

もう歩きたくない…と思いながら、歩き始めた私たち。でも、歩くことに慣れてきたのか二人とも超ハイテンション。誰もいない道をベラベラ喋りながら、無事到着。

グーグルマップに従って行ったら、入り口のはずが崖。ぐるりと回って入り口まで行きました。グーグルマップを利用の方、ご注意を。

施設でスタンプをゲットし、またもやテンション上がる。展示してある骨の形のスタンプがなんとも可愛くて。

なんとこの施設は無料ということで、次女と観てきました。ただ、長女を迎えに行く時間が迫っていたので、ちょっと急ぎ足で。

縄文時代を中心に、その前後の時代の基本的なことが色々わかるような、小学生にぴったりのわかりやすい博物館でした。次女は、勉強しているものが実物で見ることができて嬉しそう。

スポンサーリンク

3つ目のスタンプはアイ・リンクタウン展望施設へ

駅の方へ移動したかったので、3つ目のスタンプは市川駅近くのアイ・リンクタウン展望施設にしました。考古博物館近くから、市川駅まではバスで移動できます。

展望施設の場所は市川駅南口を出て、右側に見えるかなら高い建物。遠くからでも「あれだな」とわかるような高い建物です。

ただ、入り口がよくわからなかったので、駅のインフォメーションで行き方を確認してから行きました。南口の方に行けばすぐにわかる場所です。

エレベーターで45階まで上がります。すごい景色です。エレベーターでは恐怖を味わえます。

上まで行くと、休憩できるスペースがあったり、絶景を眺めたりできますよ!そして、休日にも関わらず、とっても空いていてさらに無料の穴場スポット。

45階にスタンプがありました。なんだか可愛いマスコットキャラクターみたいなスタンプ。

そうそう、どこのスタンプもシャチハタのもので、インクもしっかり入っていたので、とても押しやすかったです!

ゆっくりと45階を楽しみたかったのですが、隣駅の本八幡駅のスシローの予約時間が迫っていたので、いそいそと電車で市川駅から本八幡駅へ移動。

4つ目のスタンプは文学ミュージアム

最後の4つ目のスタンプは本八幡駅から徒歩15分ほどの場所にある、文学ミュージアムにしました。

駅から歩くこともできるのですが、すでにクタクタ…そこで本八幡駅から出ている「ニッケコルトンプラザ」行きの無料バスに乗って、少しお買い物をしつつ、そこからすぐ近くの文学ミュージアムに向かうことにしました。

ニッケコルトンプラザはいわゆる大型ショッピングモール。普段行く機会が少ないので、新鮮な感じでした。千葉の名産品が売っているお店があり、道の駅に午前中行ったにも関わらず、またもやゆっくり楽しみました。試食が多く、気になった商品の味を確かめることもできました。

そして、ニッケコルトンプラザから歩いてすぐの市川市文学ミュージアムに向かいました。かなり大きな図書館や、イベントスペース、児童館などが併設されていて、1日いても飽きないような場所でしたよ。

文学ミュージアムは図書館の2階にありました。スタンプはミュージアムと同じフロアにありましたが、場所がわかりにくかったので、受付の方に聞いて押しました。

コンプリート!!!!!

5DDA87B0-F74B-4A1D-A5F5-FA3957F3ED17

文学ミュージアムは無料展示と有料展示があったので、私は無料展示のみ。有料展示の方は、小学生以下無料ということで、娘たちは喜んで見に行きました。

なかなか出てこなかったので、そんなに楽しいのか?!と思っていたところ、中でクイズラリーをやっていたよう。展示は難しかったようで…

まとめ

もっと時間があれば、各施設をゆっくり楽しみたかった!市が企画しているだけあって、市川市について知る機会が多く、お財布にも優しいスタンプラリーでした。

スタンプがとにかく可愛くて、毎回ウキウキでした。

とっても楽しかった〜。

ちなみに、コンプリートした後は応募すれば抽選で市川市ゆかりの賞品が当たります。帰ってから早速応募しました!