【備忘録】Yモバイルを利用しているけれど、もっと安い条件の格安SIMがないかどうか調べてみた。→結果、どのMVNOよりも現状維持がベストでした。

住宅購入や子供の進学を控えているため、少しでも家計を見直したいと思い、固定費である携帯料金について調べてみることにしました。

現在、夫婦でYモバイルを利用していますので、もっと安くできないかと思い、いろいろ調べてみたところ、現状維持が我が家にとっては一番安いことがわかりました。

スマホ料金って、それぞれの家庭で使用環境がかなり違うため、「ここの会社が絶対安い!」というわけではないのが難点。自分たちがどんなサービスを必要としているのかを知り、それにあった会社を選ばなくちゃならないので、見直しには1時間ほどを要しました。

でも、1時間で納得のいく結果が出たので、とりあえず良かったです。あくまでもうちの場合を今回はブログに残しておきます。我が家の備忘録としても記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

まず、我が家のスマホや携帯の使用状況を確認しました。

現在、我が家は夫がYモバイルのスマホ1台、私がYモバイルのスマホ1台とauのガラケー1台、子供二人がそれぞれauのキッズ携帯を1台ずつ保有しています。

夫は仕事の関係で無制限のかけ放題が必須のため、Yモバイルのかけ放題プランをつけており、月額約4,000円弱です。私と一緒にYモバイルを契約しているので、500円の割引が適用されいます。

私はYモバイルの2ギガのプランを利用していて、月額約3,200円です。Yモバイルは10分かけ放題が適用されるため、病院の予約や学校へのちょっとした連絡などに活躍しています。ガラケーの方は子供たちとの連絡用携帯で、月額約1,000円でEメール無料というプランです。子供達もauなので、子供との通話は無料です。

子供達のキッズ携帯は二人合わせて2,500円程度です。

夫の電話かけ放題は必須、私は10分かけ放題が必須、子供達にはまだスマホを与えたくない、という理由から、現状の契約を結んでいる感じです。

私のガラケーと子供の携帯に関しては、スマホ以外ということを考えると、今以上の見直しは不可能と考えています。また、夫の電話かけ放題という条件で、現状よりも安いスマホプランは見つからないため、現状維持とします。

そうなると、見直しできるのは私のスマホのみ。我が家には固定電話がないため、10分のかけ放題通話は必須条件として、格安SIMを検討することにしました。

10分かけ放題のMVNOを比較してみたら、それほど大きな差はなかった。

10分かけ放題の格安SIMを販売している会社をいくつか調べてみました。

DTIは1ギガプランで2,181円、

IIJmioは3ギガプランで2,624円、

NifMoは3ギガプランで2,624円、

OCN モバイル ONEは1日110MBプランで2,300円(キャンペーン価格)、

イオンは1ギガプランで2,300円、

DMMモバイルは1ギガプランで2,279円、

ラインモバイルは1ギガプランで2,246円でした。

私が独自に計算したものなので、あくまでも目安程度に見てください。どの会社もプラン自体は1,200円前後、10分かけ放題をつけるのに900円前後かかります。

キャンペーンなどが行われていると、多少の変動がありますが、2年で考えてみるとだいたい月々2000円代前半ということです。

スポンサーリンク

Yモバイルから移行する手数料も考え、2年間トータルでいくらかかるか考えてみた。

DTIが一番安く、2,181円でした。現在の私の約3,200円というYモバイルの料金を考えると、乗り換えた方が安くなると一見思います。

ただ、更新月に乗り換えるとしても、DTIに乗り換えるためにはYモバイルに3,240円の手数料を払わなくてはなりません。また、DTIに移行のための事務手数料等で約3,600円支払う必要があります。

また、私がYモバイルからMVNOへ乗り換えてしまうと、現在夫に適用されている家族割500円がなくなり、我が家の家計に響きます。

しっかりと比較するために、2,181円×24ヶ月+3,240円+3,600円+500円×24ヶ月=71,184円と、2年間にかかる総額を計算しました。

現在のYモバイルをそのまま24ヶ月使い続けた場合、3,200円×24ヶ月=76,800円です。

DTIに乗り換えると2年間で5,616円安くなります。1ヶ月あたり234円です。

さて、確かに安くなるのですが、現在2ギガ使えているYモバイルが1ギガになってしまう。私の現状としては、1ギガ超える月が2ヶ月に1度です。超えてしまうと、380円程度で容量を追加購入する必要があります。そうなると、乗り換えた意味があまりなくなる…

また、DTIは10分かけ放題を利用する際に、アプリを利用しなければならないのです。ちょっと(というか結構)めんどくさい。

これらを考え、面倒な手続きをしてまで、乗り換えるメリットは現状なし!ということになりました。かなり安いキャンペーンでもやっていれば、また検討したいと思います。

自分の使用状況をしっかりと把握し、良い条件のMVNOを見つけて、自ら2年間の支払い総額をシミュレーションしてみましょう。

今回は、備忘録のため、かなり個人的な状況を記事にしました。このように、各家庭で条件などが大きく異なると思いますので、しっかりとシミュレーションする必要があります。

その時に、月額料金ばかりを気にせず、他にかかる費用などもしっかりと含めて計算すると、本当にお得がどうかが見えてきます。

キャンペーンの適用についても、しっかりと2年で計算することが大切ですよ!

スポンサーリンク