バーコードで査定額がわかる。ブックサプライは古本のまとめ売りが楽々できちゃう宅配買取サービスだった。

みなさん、読み終えた本やムック本、漫画や参考書ってどうしていますか?私はボロボロになったものはさすがに処分していますが、それ以外はどうしても捨てられずに本棚がいっぱいになってしまいます。

今流行りのミニマリストや断捨離に興味があるし、もう読まないものは少しでも処分したい…

でもでも、捨てるのは勿体無いし、売りに行くのも重くて面倒。と、わがままばかりですが、こんな時に活躍するのが宅配買取サービス!

先日、チラシで偶然見つけたブックサプライという宅配買取サービスが、あまりにも簡単に古本買取してくれると知ったので、今回はブックサプライについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブックサプライはバーコード検索で査定価格がわかる

ブックサプライの公式サイトで売りたい本のバーコードを入力するだけで、査定額が簡単にわかります。

バーコード検索だけなら、特に情報の入力もいらないので、試しにやって見てもいいと思います。

ブックサプライは本だけでなく、ブルーレイ・CD・ゲームもまとめて売れる

どうせなら、いらないものをまとめて処分してしまいましょう。ブックサプライなら、本以外のものもまとめて売れます。

一緒にダンボールに入れちゃえるので、楽々です。

買取申し込みをすると、無料のダンボールが届く

買取申込のボタンから、情報入力して申し込みをすると、無料の新品ダンボールが届きます。

このダンボールに売りたいものと、初回の場合は本人確認のための身分証コビーを入れて、集荷に来てもらいます。集荷伝票もブックサプライから入力済みのものが送られてくるので、記入の必要がありません。

ここまで、すべて家でできてしまいます。外に出ることなく、重い本を処分できるなんて、うれしい限りです。

スポンサーリンク

ブックサプライの査定はあまり期待しないほうがいいかも

ブックサプライの査定は、商品を送って数日するとメールで届きます。

他の方の口コミや評判でも、高額査定はほとんど聞きません。大手のブックオフなどと同じくらいか、ものによっては高額査定もあるかも、くらいに考えておいたほうがよさそう。

でも、処分する手間は省けるし、少しでもお金になるので、とにかく簡単に本を処分したいという人にはおすすめです。

バーコード査定とオークション価格は比較しておこう

もしもレアなものや限定品、最近発売されたばかりの本や人気の本を持っているなら、ブックサプライのバーコード査定とオークション価格を比較してみましょう。

もしもオークションで高値がついているなら、そちらで出品した方がかなり高く売れますよね。オークションといっても種類が色々あるので、オークション全体の価格をチェックできるオークファンというサイトで価格をチェックし、できるだけ高く売りましょう!

オークファンは無料会員制度があります。無料会員になると、300億件以上のデータから相場を調べることができます。できるだけ高く売りたい!という時には、とっても役に立ちます。

もしも副業としてオークションをやってみたい人や、転売に興味がある人は、有料会員になって色々なツールを使いこなして、儲けることができます。私は転売は苦手なので、有料会員になったことはありませんが、かなりの分析ツールです。

今のところ、この有料会員が初月無料で使えるキャンペーンを行なっているようなので、もしもちょっと興味がある人は、有料会員を無料でお試ししてもいいですね!

私は物販スキルがいまいちないので、オークションで利益を出せる人って羨ましいです…

→ブックサプライの公式サイトはこちら

→オークファンの公式サイトはこちら

スポンサーリンク