ホームベーカリーで節約!美味しくて安いパンを作るシンプルレシピの紹介。

我が家には、9年ほど前に義理の母にプレゼントしてもらったパナソニックのホームベーカリーがあります。時々使用していて、気に入っていたのですが、ここのところずっと使わずに眠っていました。

しかし今回、家族4人の食費を4万円に抑えたい!という願望のもと、ホームベーカリーをフル活用することにしました。

市販のパンとホームベーカリーってどっちの方が節約になるの?とか、ホームベーカリーって結局は割高なんじゃない?という方、私が材料費を徹底的に調べてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホームベーカリーで安いパンを作るシンプルレシピ

ホームベーカリーでパンを作るための材料費を計算する前に、まずは節約できて美味しいシンプルレシピをご紹介しておきます。最低限の材料で、市販のパン以上に美味しくできるので、おすすめです。

強力粉250g

バター10g

砂糖17g

塩5g

水180ml

ドライイースト3g

以上です。かなりシンプルですが、美味しいパンが焼けます。

ホームベーカリーのレシピは色々試しましたが、節約は関係なく、結局このレシピに落ち着きます。毎日食べても飽きないレシピなので、うちのような毎朝パン食のご家庭にはぴったりです。

レシピや素材にこだわれば、キリがないのですが、今回は節約という大きな目標があるので、このシンプルレシピを推していきたいと思います!

ホームベーカリーは割高?いいえ、材料費を見るとそんなことはありません!

うちで毎日食べているパスコの超熟シリーズは1斤150円ほどです。4人で毎日朝食に食パンを食べると、だいたい5斤ほどの消費になるので、1週間で約800円の出費になります。

一方、ホームベーカリーの場合、1キロ300円ほどの強力粉、200g400円ほどのバター、50g300円ほどのドライイーストを使えば、1週間5斤分で約500円の出費ですみます。塩や砂糖代は含まれていませんが、それを考慮してもホームベーカリーの方が割安です。

ホームベーカリーなら添加物が入っていない上に、安い金額で美味しいパンを食べることができます!

ただし、ヤマザキなどの安い食パンと比較すると、少し割高になることもあります。

また、ホームベーカリーに使う材料も価格差がありますので、高級材料を使ってしまうと節約になりません。私が上記に記載した金額は、一般的なスーパーで売られている金額なので、特売を利用したり、安売りスーパーを使えばもっと安い材料費でホームベーカリーのパンを楽しめそうです。

パナソニックのホームベーカリーは長持ちするのでおすすめ

私が使っているホームベーカリーはパナソニックのSD-BM102という、すでに廃盤になってしまっているものです。もう9年以上使っていますが、全く故障することもなく、美味しいパンが焼けます。

私が使っているのと似ているモデルはこちらのSD-MB1というパナソニックのホームベーカリーです。

シンプルな作りになっているので、料理が苦手で機械が苦手な私でも簡単にパンが焼けちゃいます。材料を入れて、ボタンを押したらほっとくだけ。炊飯器レベルの簡単さなので気に入っています。予約もできるので、朝起きたらパンが焼けていて幸せです。

お手入れも炊飯器レベル。中を取り外して軽く洗うだけです。あとはドライイースト投入口や機械の周りを時々軽くふく程度。

私のようなズボラ主婦でさえも、使いこなせてしまうのでぜひお試しください!

4人家族で1ヶ月4万円の食費で過ごせるのか?!

とにかくチャレンジです!以前、同じような記事を書いて挫折しましたが、今回は節約したお金でキッザニアに1日行きたいので、本気出します。

チャレンジが終わったら、いろいろとまたブログに記録したいと思います。良かったら、読んでみてくださいね。

スポンサーリンク