中学受験する学校の選び方。うちでは子供の意見と親の思いを取り入れて検討です。

中学受験を考えた時、東京都内だと学校が多くてどうやって選んだらいいのか悩みます。子供がいく学校なので、子供の意見を取り入れつつ、今まで親として感じてきた子供の特性を活かせる学校を選びたい、と考えています。現段階では学校見学などもあまりしていないので、なんとなくしか決まっていませんが、それでも見学する学校はいくつか決まってきています。

今回は、中学受験する学校をどうやって選んでいるのか、うちでの選び方を記事にしたいと思います。子供も親も納得できる中学受験に向けて、我が子にあった学校を選びましょう。

スポンサーリンク

まずは私立中学を受けるか受けないか。


私立中学を受けるか受けないか?これはそれぞれのご家庭の経済事情や教育理念に基づいて決めれば良いと思います。うちは経済的に余裕はありませんが、年間100万プラスアルファ程度であれば、私が働いたり、節約をすれば可能であると最終的に判断して、私立中学受験も少し視野に入れています。

ただ、本人も家族も都立中高一貫校をとても気に入っていて、第一志望は今の所揺るぎません。

中学受験について悩んでいるので、ブログに書いてみようかと思う。

この時に書いた気持ちとは少し変化があり、私立中学も視野に入れている私ですが、子供本人は今の所都立中高一貫校への気持ちは変わらないようです。

実際に私立中学や都立中高一貫校に行っている子供の親御さんから話を聞いたり、中高一貫校に行っていた友達にどうだったか聞いてみたりしました。やはり6年間同じ仲間と過ごすのは、一生の友達ができるし、似たような価値観を持っていることが多いのでお互いライバルとして刺激を受けるようです。似たような価値観であることは、「多様性を受け入れる」という点を育てるにはデメリットになるかもしれませんが、学校生活だけが全てではないので、工夫次第でこの点はクリアできると考えています。実体験の話を聞いてみるのは、参考になります。

女子校?男子校?共学?


さて、女子校?男子校?共学?というのは、結構大事な選択肢な気がします。共学のみ受験と考えると、選択肢はかなり狭まります。「絶対共学じゃなきゃいやだ」という場合、子供の意見を尊重して、そうしてあげてもいいと思います。

うちでは視野を広げるために、私がピックアップした女子校も見学させたり、女子校の合同説明会などに参加してみようと思っています。

なんとなくでいいので、女子校にするのか男子校にするのか共学か、というのも決めておくと、選択肢を絞れます。

通学時間を考慮する


うちでは通学時間は1時間以内、混雑する方面の電車やバスはできるだけ避ける、乗り継ぎや徒歩時間も考慮、という条件で考えています。大人の通勤と一緒で、6年間毎日長時間の移動は辛いです。うちの子供は最初から「近い学校」というのが条件でしたので、とにかくアクセスのいい学校をいくつかピックアップしました。

グーグルマップに大変お世話になっています。とにかく気になった学校名を打ち込み、アクセスをチェックしています。

スポンサーリンク

ある程度偏差値も参考にする


ここまで絞ると、だいぶ学校も限られてきますよね。あとは偏差値を少し参考にします。偏差値が全てではないのですが、親にとってはやはり大きな指標となります。

私は気になった学校の偏差値が低いな〜と感じる場合でも、ネットでとりあえず特色や様子を調べます。

私立中学なら合同説明会に参加するのもあり


私はまだ参加したことがありませんが、私立中学の合同説明会が各地で開催されています。「私立中学 合同説明会」などと検索すると情報が出てきます。候補の学校やちょっと悩んでいる学校があったら、こういう説明会で特色を知るというのも良いと思います。

あとは各学校の特色をみて、学校見学してみましょう


ここまで調べてみたら、候補となった学校の特色を調べてみます。そして、気になったところは文化祭や学校説明会に参加します。多分6年生になると忙しくなってしまうと思っているので、4年生から5年生の今のうちに学校見学しようと思っています。

色々調べていると、学校見学の情報は4月の下旬ごろHPなどに出ることが多いようなので、その時期に候補の学校のHPをチェックしてみる予定です。

スポンサーリンク