【第1回スーパーホテル巡り】スーパーホテル千葉駅前に1泊した詳細をお伝えします。

私たち家族の趣味、スーパーホテル巡りの第1回旅行をしてきました。土日祝日でしたが、スーパーホテル千葉駅前はそれほど混んではいなかったので、予約はスムーズでしたよ。予約から宿泊、周辺観光までブログに残しておきますので、誰かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

予約は公式ホームページから


思い立ったが吉日、ということで公式ホームページから当日宿泊予約をしました。当日の朝に予約しましたが、特に問題なく部屋を取ることができましたよ。私たち家族は夫婦と小学生2人なので、4人部屋もしくは2人部屋が2部屋必要です。スーパーホテル千葉駅前には4人宿泊できる部屋はなかったので、スーパールームというダブルベットとロフトベッドがついた部屋を2部屋取りました。

普通のダブルの部屋を2部屋取るより安かったので、スーパールームにしたのですが、これは失敗。ロフトはほぼ使用しなかったので、圧迫感を感じるだけでした。次からはダブルを2部屋予約するつもりです。ロフトがあるぶん、空間が狭く感じますので、皆さんもご注意を。

予約は公式サイトからするのが最安と謳われていますが、楽天やじゃらんなどでも同じ金額で予約できることが多いです。ポイントを貯めたいならば楽天やじゃらんなどで、eco泊というスーパーホテルのポイントカードを貯めたいならば公式サイトからの予約が良いと思います。





さて、渋谷区から千葉まで約1時間ちょっと電車に乗って、12時ごろ千葉駅に到着。エキナカが充実していたので、ラーメン食べたり、お土産やさんを見たりして初めての千葉駅を楽しみました。そのあとは、千葉市美術館、千葉市科学館を楽しんでからチェックイン。

千葉市科学館で楽しみすぎて、チェックインが遅れそうでしたが、ちゃんと電話して伝えましたので問題なかったです。

チェックイン時に事前精算


スーパーホテル千葉駅前の場所は千葉駅の北口ロータリー近くです。千葉駅前は結構賑わっているんですが、北口は閑散としている感じでした。私たちは千葉駅の利用に千葉公園口という出入り口を利用していました。そこが一番近くて便利だった気がします。

北口にはお店も少なく、近くにはセブンイレブンくらいしか買い出しできる場所がないので、もしも部屋で買ってきたものを食べたりするのならば、千葉駅のエキナカの「ペリエ千葉」というところで調達するのをお勧めします。エキナカなので、駅を利用していない場合は入場券を購入する必要があります。ちょっと面倒ですが、エキナカにはたくさんの惣菜店や駅弁、スイーツ、スーパーのザ・ガーデンなど、迷ってしまうほどの食料品が販売されています。

私たち家族もペリエ千葉でお弁当やらお酒、つまみ、お菓子などなどを買い込み、近くのセブンイレブンでさらに買い込み、ホテルにこもる準備をしましたよ。

さてさてチェックインについてですが、名前などの記入は必要なく、名前を伝えただけでチェックイン手続きができました。事前精算なので、この時に必要な人は領収書をもらいましょう。また、エコ泊というお得なポイントカードがあるので、欲しい人はこの時に申し出ましょう。私は今回、申し出をしなかったからなのか、もらえませんでした…以前、別のスーパーホテルに宿泊した時には何も言わなくてももらえたので、すっかり油断していました。残念。次からは気をつけよう。

アメニティや枕は選べます


チェックイン時に「女性はアメニティを1人5つどうぞ」と言われました。これは他のスーパーホテルと一緒です。置いてあるものは場所によって少しずつ違うようです。スーパーホテル千葉駅前には、ボディスポンジ、メイク落とし、入浴剤、マスク、ノンシリコンシャンプー、などなど基礎化粧品を始め、基本的なアメニティが揃っていました。また、くしやカミソリはフロントでもらえました。

枕は好きな形や硬さのものを選べます。これは結構嬉しいです。忘れずに選びましょう。

部屋には歯ブラシ、シャンプー、トリートメント、ボディーソープ、タオル、電気ポット、冷蔵庫、など最低限のものは揃っています。冷蔵庫は自分で電源を入れないと冷えないのでご注意ください。とにかく部屋が狭いので、荷物をいかに綺麗にまとめておくかが大切でした(笑)

隣り合ったスーパールームを利用できたので、みんなで一部屋に集まって食事をしたり、部屋を移動するのが楽で良かったです。

そうそう、この日はかなり寒かったのでエアコンをつけたのですが、暖房を入れたのにしばらく冷風が出たり、部屋が狭いせいか暖かくなりすぎたりと、調整が大変難しかったです。部屋に着いたらすぐに空調を入れておくことをお勧めします。

ベッドの寝心地はいたって普通。枕は自分に合ったものを選べたようで、熟睡できました。お風呂やトイレは清潔だけど狭く、お風呂の湯船に浸かる気にはなれない小さな浴槽でした。

無料朝食は野菜多め


以前に八戸のスーパーホテルを利用した際には、せんべい汁があり、その土地を感じることができました。今回は千葉、ということでどういう朝食になるのかと思っていましたが、いたって普通。パンは3種類ほど、生野菜サラダやヨーグルト、ご飯、のり、納豆、味噌汁、オクラの和え物、などでした。八戸の時とは違って、納豆がなかったし、なんとなく種類も少ない感じでしたが、無料なので十分です。ちょっと忘れちゃったんですが、野菜中心のメニューだった記憶があります。

朝食会場は特に混雑もなく、閑散としていました。団体の方がいると、混雑でなかなか大変だと聞きましたので、きになる人は事前にフロントに聞いてみるといいと思います。

観光して、帰宅


翌日は、千葉駅より出発している高速バスに乗って、東京ドイツ村で遊んできました。高速バスは千葉駅のバスターミナルから少し離れた場所なので、もしも利用する方は時間に余裕を持って出発した方がいいです。私たちは確か9時ごろのバスに乗りました。高速バス乗り場がわからず、路線バスの運転手さんに教えてもらいました。

東京ドイツ村はいろいろとツッコミどころが多い施設ですが、とっても楽しかったですよ!もしも小学生や小さなお子さん連れの旅行ならおすすめします!

スポンサーリンク