中学受験について悩んでいるので、ブログに書いてみようかと思う。

娘が中学受験を考えるお年頃になってきたので、この半年ほど色々と考えたり、情報収集しています。現在通っている渋谷区の小学校が、どうやら中学受験率が高いようで、周りでは塾に行く子が増えています。そんな中、東京23区に住んでいるが故の中学受験の悩みなどが発生しました。

私なりに、答えが出つつあるので、もしも同じように中学受験に悩んでいる方の参考(!?)になればと思います!

スポンサーリンク

中学受験をするか悩んでいる理由


私自身は田舎の公立中学だったので、最初は「公立中学でいいかなー」なんて思っていました。しかしながら、小学3年生の2月になると、塾に通い始めて受験対策する子が増えてきたのです。その時に初めて、中学受験を意識しました。周りに流される、ということではなく教育に意識の高い家庭の子供は受験する、ということに焦りを感じたのです。

だって、本が大好きなお友達や、頭が良くてお互い高め合っていけるような子が、受験するんです。娘が本が好きで、雑学好きです。頭は普通ですが、ゲームやテレビにはそこまで興味がないので、必然的に受験組との相性が良くなります。これからも自分の興味のあることを楽しんでいって欲しいので、親としては同じような仲間がいる学校に通わせた方が良いのかな・・・と思ったのです。田舎だったら、ほとんどの子が公立中学に進むので、玉石混交となるのですが、渋谷区だとそのバランスが崩れてると考えざるを得ません。

もちろん、そういったお友達全員が受験するわけではないのですが、子供に合った環境や教育を受けられるという点で、私立中学や都立中高一貫校はとっても魅力的なのです。高校受験しなくてもいいというのもメリットです。

中学受験はお金がかかるし、私立中学に進学すると最低6年間、毎年約100万の出費となります。うちは一人っ子ではないので、負担がすごい。公立中学に入れて、本人のやりたいことにお金を注ぎ込むという選択肢もあるし・・・やっぱり家族でゆとりを持って暮らしたいので、私立中学は無理かな〜

そして、最大のネックは娘が今やっている習い事をやめたくない!ということ。普段は週に1日ですが、夏休みはほぼ毎日レッスンがある習い事なので、もしも受験をするとなると夏期講習のために、レッスンをお休みしなければなりません。それは絶対に嫌!と言っている。今やりたいことをやめてまで、受験するのはどうなんだろうか・・・

とりとめなく書きましたが、

・意識の高いお友達の受験率が高い

・教育環境を考えると私立中学や都立中高一貫校は魅力的

・お金がかかるので、私立は厳しい

・子供が習い事にはまっている

以上の点で、中学受験を悩んでいるのです。

渋谷区の公立中学は選択制


もしも受験をせずに公立中学に行く場合、渋谷区では中学校を選ぶことができます。ただ、人気の中学校は抽選となります。現状では原宿外苑中や松濤中、上原中、代々木中は抽選となる場合が多く、人気です。抽選から外れると、学区の中学校に行くことになります。第2希望とかはないので、外れたら辛いですよね。

普段から公立中学生の様子を見かけますが、荒れている様子もなく、とてもおとなしい印象です。これから見学などもしていくつもりですが、渋谷区の公立中学は結構環境いいんじゃないかな〜と想像しています。

娘の周りの受験率が高いとはいえ、あえて公立中学に進学して都立高校の上位校を狙うという子もいるようです。印象としては、裕福なご家庭はもちろん受験率が高い感じだし、共働きや一人っ子の子も、受験が多い感じかします。あくまでも私の周りの印象ですが。

スポンサーリンク

悩んだ末の結論


ここ半年ほど悩んで、娘とも話し合った結果、おそらくうちは5年生の2月から塾通いを始めて、都立中高一貫校を受験するかと思います。夏期講習は多分受けないです。娘自身は受験に前向きなので、できるだけサポートしつつ習い事と両立させます。

落ちたら公立中学に進学します。私立中学は金銭的な面だけでなく、夏期講習を受けずに5年生からの塾通いを考えたら都立と併願は難しいと考えました。そもそも娘本人と親としても第一希望が都立なので、目標を一本に絞って全力で取り組んで行くことにしたのです。

まだ4年生なので、今は基礎づくりとしてスマイルゼミの受講と、小学校の補講のようなものを受けています。あとは、とにかくいろいろ体験させてあげて、知ることが楽しい!と思わせてあげています。4年生のうちは、いくつかの都立を見学したり、塾選びをじっくりと行いたいと思います。

→体験会に行って感じた、スマイルゼミのメリットとデメリット。

→スマイルゼミだけでは、中学受験に対応できないことが判明。

周りに振り回されず、じっくりと考えて!


ついつい周りの情報に振り回されてしまいそうになりますが、とにかく子供と話し合い、家庭の事情も考えて、無理のない答えを出すことが大切だと感じています。教育って、かけようと思えば底なしのようにお金をかけることができてしまうので、難しいところです。

私は、家族が楽しく暮らせること、子供が意欲的になれる教育環境を与えてあげること、心に余裕を持てること、が大切だと考え、今回の結論に達しました。

大切なものは各家庭で大きく違うと思いますので、「とにかく上を目指して教育最優先!」という方は資源と時間を受験に集中させるべきだと思うし、「家計の負担を考えると、受験は難しい」という方は今の生活を維持してちゃんと暮らして行くことが大切になってくるのではないかと思います。

私の場合は、半年間考えてようやく答えが出ました。東京に住んでいる場合は、3年生くらいから受験のことを考えて、自分の中で「これを大切にしたい」という基準を決めておくことが必要になるのかもしれません。さて、うちはこれからが勝負です。楽しんで頑張ろうと思います!!!

スポンサーリンク