小学生の子どもがマイコプラズマに感染してから治るまでの記録 その2

感染してから7日目まではこちらをご覧ください。抗生剤が効き、熱が下がった後もいろいろとあり、登校許可がでるまで時間がかかりました。8日目からの様子を記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

8日目 受診

学校に行く気満々で受診しました。すると、まだ聴診器での肺の音に雑音があるため、登校は明後日からにしてください、とのこと。ランドセルを持って受診していた子どもはがっくり。ただ、確かにまだまだ咳は出るし、病み上がりで体力も回復していなさそうなので、自宅静養することにしました。マイコプラズマ感染症は出席停止の病気なので、学校に欠席届なるものを提出する必要があったため、今回の受診ではその件についても小児科の先生に確認してきました。たぶん学校によって届け出の書式などがあると思いますので、早めに学校の先生に確認しておきましょう。この日は3日分の咳の薬と胸に貼る薬を処方され、次の受診は金曜日という事になりました。

9日目 元気だけれど咳がひどい

寝ている時はほとんど出ませんが、起きてすぐと寝る前の咳がひどいです。苦しそうに聞こえますが、本人はさほど苦しくない様子。マスクをさせて、普通の生活を送らせています。私はずっと子どもと一緒にいるので、換気や手荒いなど多少の対策はしていますが、うつるの覚悟の生活。一緒に引きこもっているので、心身が徐々にやられていきます。できるだけ気楽に好きな事をするようにして、ストレスを貯めないように生活していました。

10日目 ついに登校

朝晩の咳はひどいですが、日中は多少ましになりましたので、登校です。元気に行って帰ってきましたが、マスクが必須なので顔が蒸れて暑かったようです。家ではできるだけ安静にさせて、早めに就寝させました。食欲はまだ戻っていないようで、いつもはおかわりする給食も少なめにしてもらったとのことでした。

スポンサーリンク

11日目 とにかくできるだけ安静に

まだ咳がでるので、とにかく不必要な動きはせず、極力安静にさせました。本人は元気だから、不本意そうですが。

12日目 受診

薬が終わり、まだ咳がでるため受診しました。まだ肺の雑音が少しあるということで、前回と同じ薬を処方されました。咳がしつこいですね。

13日目 習い事はおやすみ

運動の習い事はもちろん、ほかの習い事もおやすみしました。せっかく良くなって来ているので、無理をさせないように。ただ、無理の無い程度に少しずつ遊びに行くようにしました。本屋さんで本を買ったり、DVDを借りにいく程度ですが…

14日目 この日も習い事はお休み

2週間が経ち、だいぶ良くなった感じもありますが、念のため習い事はおやすみです。

15日目 習い事再開

安静にしたおかげか、咳が減って来たため、英語教室には行きました。久しぶりでレッスンについていくのが大変だった様子。

16日目 受診

薬が終わり、減ったとはいえまだ咳がでるため受診です。雑音もほんの少しだけになり、前回と同じ薬をいただきました。これで受診は最後の予感。

17日目〜19日目

確実に咳が減って来て、ようやく完治が近づいているよう。

20日 もう大丈夫

ほとんど咳もでなくなり、薬も飲みきったため、運動もするようになりました!やっと完治といえるところまできたようです。長かった〜

スポンサーリンク