メルカリで快く値下げしてしまいたくなるのはこんな人。

メルカリで出品していると、値下げの交渉コメントが結構多いです。最後まで気持ちよく取引したいので、購入者の方についていろいろチェックしてから対応するようにしています。出品者側から見た値下げしてしまいたくなる人について記事にしましたので、メルカリで購入する方や、値下げ交渉に苦戦している出品者さんの参考になればと思います。初心者の方もぜひ読んで見てください。

スポンサーリンク

丁寧で簡潔なコメントだと、値下げしたくなる。


長いコメントや常識的な言葉使いができない人に関しては、できるだけお断りしています。なかなか売れないものや、早く売ってしまいたいものに関してはコメントが微妙な人に値下げして売ることもありますが…

例えば1100円で「初めまして。とても可愛い商品なので購入を検討しています。不躾なお願いですが、1000円に値下げは可能でしょうか?ご検討よろしくお願いします。」みたいなコメントだと、前向きに検討しちゃいます。ちゃんと挨拶できる人だし、購入を検討してくれている、値下げも常識の範囲内、この辺りが値下げしたくなるポイントです。

逆に「600円即決ゎできますか???」的なコメントには、「その金額までの値下げは考えておりません。ご希望に沿えず、申し訳有りません」と答えちゃいます。短い間とはいえ、メッセージをやりとりしたり、金銭が絡むことなので、最低限のマナーをわきまえている方との取引をしたいと思うからです。

値下げ希望があった人のページはチェックしています。


上記のような値下げしてもいいかもしれないコメントがあった場合、コメントしてくれた人のページを必ずチェックします。今までの評価の状況や出品しているもの、自己紹介文のチェックが中心。

評価に関しては、悪い評価があるかどうかはもちろん、評価コメントも読みます。悪い評価があっても、理不尽な悪い評価を受けてしまっているような状況がわかる場合は、気にしません。評価コメントを読んで、「金銭のやり取りに不安がありそう」だったり、「メッセージのやりとりができなさそう」だったり、「なんとなく嫌な予感がする」場合は値下げせずに、お断りしています。

出品しているものを見るのは、転売の可能性があるかどうか、嫌な予感がする人ではないかをチェックするためです。転売はいい気持ちがしないので、できるだけ避けたいのです。自己紹介文は軽くチェックする程度です。

ここまでチェックしておけば、値下げしても気持ち良い取引ができることが多いです。おかげで今の所、大きなトラブルもなくメルカリを利用しています。

スポンサーリンク

しつこい交渉や大幅な値下げ交渉には冷静に対応。


大幅な値下げをお断りする際は、断り方を普段とは変えています。例えば1100円の出品を500円に値下げしてほしいなどと言われた場合は、コメントで「大幅な値下げは今の所考えておりません。1000円が限界です。ご検討ください。」と自分が値下げできる金額を示します。ここで相手が購入してくれれば、そのまま取引しますし、コメントが返ってこなかったり、購入意思がない場合は、コメント削除しちゃいます。

しつこく「では550円でどうでしょう?」などときた場合は、「申し訳ありませんが、ご希望に沿えません」と一言入れて、相手をブロックすることもあります。

しつこい交渉や大幅な値下げ交渉には、はっきりとした意思表示とコメント削除・ブロックで十分対応可能です。幸いにも今まで取引していてブロックしたのは1度だけです。

コメント削除に関しては、値下げ交渉終了後には必ず行っています。値下げ交渉の記録をチェックして、「この人は値下げしてくれるんだ」と思われてしまうのは困るのです。なので、基本的に金額に関する交渉が終わった後にはコメント削除します。また、値下げ交渉のコメントが相手から帰ってこない場合は1〜2日で削除しています。残しておいて良いことはありませんからね…

できるだけ良い人を引き寄せて、気持ち良い取引を!


顔の見えない取引なので、普段よりトラブルが起きやすいメルカリ。トラブルを避けて、できるだけ気持ち良い取引をするためには、ちょっとした注意が必要なのです。私はだいぶメルカリになれてきたので、自分流の方法でできるだけ良い人と取引できるようになりました。

今回の記事がメルカリ初心者の方や、値下げ交渉が苦手な方の参考になって、気持ちの良い取引が増えると嬉しいです!

スポンサーリンク