銀座にコス【cos】がオープンしていた!早速セールに行ってきたので記事にします。

先日、南青山のコスのセールに行って買い物をしている時、店員さんから「銀座にもcosがオープンした」と聞きました。セール情報などは、メーリングリストで届いていましたが、新店舗オープンなんて聞いてない!というか、メールをちゃんとチェックしなかっただけかもしれませんが…

銀座のコスにはルームウェアやキッズウェアも置いてあると聞き、これは行くしかない!ということで、聞いたその日のうちに行ってきましたよ。パジャマなどのルームウェアや、子供服は日本のcosで取り扱っているのは、今のところ銀座だけです。cos好きには必見ですよ。

スポンサーリンク

コスの場所は銀座のシャネル近く


私は銀座駅を利用しました。cosは歩いてすぐです。シャネルのすぐ近くに、特徴的なアーチのエントランスがあるのですぐにわかると思います。マロニエ通りというところらしいです。

コス銀座店の営業時間は11:00〜20:00です。私は平日の15:00ごろに行きました。空いてるかな〜と思ったのですが、セールのせいか意外と混み合っていました。cosを今まで知らなかったマダム達が大挙して、買い物している印象でした。店員さんは質問に親切に答えていて、とても好印象でしたよ。

二階建ての建物で商品が豊富


さて、銀座コスの商品についてです。国内3店舗の中では、一番広くて商品が豊富でした。一階はレディースのセール商品と新作が並んでいました。店内がセールのコーナー、新作コーナー、それ以外のコーナー(バックや靴など)、と分かれていてとても見やすかったです。

二階はキッズラインとルームウェアのコーナー、レディースとメンズがそれぞれ並んでいました。cos青山店では見かけなかったメンズの商品があったりして、夫は喜んでいましたよ。子供服についてはフルライン置いてあるのですが、何せキッズラインは数もサイズも限られています。コスの子供服は一番大きいサイズで約120センチのものなので、うちの長女には買ってあげられませんでした。

けれど、幼児から小学校低学年くらいまでのお子さんがいる方にはオススメです。女の子の洋服はとっても可愛いし、男の子の服も他の子とかぶることはまだ少ないはず。男子がいたら、たくさん買いたかったくらい、シンプルでおしゃれな商品が並んでいました。キッズものは少ないですが、セールもやっていましたよ。

コス青山と銀座の両方のセールに同日に行くことになった結果、置いてあるセール商品にも違いがあることがわかりました。青山で完売のカラーやサイズが銀座にはあったり、その逆もあったり。コス好きなら、両方のぞいて見ることをオススメしますよ。

私が足繁く通う、cos(コス)青山店についての詳細情報!(知る限りのことを書き綴ってます)

スポンサーリンク

50代前後の女性客が圧倒的に多い


先ほども書きましたが、マダムが圧倒的に多かったです。平日の昼間ということもあるかもしれませんが、青山とは明らかに客層が違っていました。青山は外国人や少し若い人が多い印象です。cosは色々なテイストやサイズの服が手に入るので、年齢層が幅広いのには納得です。

メンズラインを見るなら、銀座店がオススメ!


コスのメンズラインは銀座店が圧倒的に豊富です。しかも、メンズのコーナーに限っては青山店よりも広くて空いてる。水着やバック、小物も充実していましたよ。cos銀座店はレジや試着室が女性で混み合っていたので、ちょっと時間に余裕を持って行くのがいいかもしれないです。

ちょうどセールの時期だったから、混んでいたのかもしれませんね。セール情報が欲しい人は、店舗のレジ横に置いてある紙に記入して、メール登録することをお勧めします。メールでセール情報が届きますよ。ネットのcosのページからメール登録しても、セール情報が届きました。ネットだと最初は英語のメールが届きますが、セール情報はちゃんと日本語で届きましたよ!英語が最高に苦手で不安だ…という方は、店舗での登録がお勧めです。

Cosのセール情報を簡単に手に入れる方法。メール会員になるだけで、セール情報が定期的に届くよ。

スポンサーリンク