小学生の子どもがマイコプラズマに感染してから治るまでの記録

うちの子どもが先日、マイコプラズマにかかりました。熱や咳などの症状の経緯や、診断が下って治っていくまでをお伝えしたいと思います。どこでうつったのか、特に流行もしていなかったので謎でした。高熱が続くという経験ははじめてだったので、ネットの体験談が参考になりました!なので、私も非力ながらどなたかのお役に立てればと思います!

スポンサーリンク

マイコプラズマ感染症・肺炎とは

ちょうど小学生くらいの子どもに多い病気で、感染力が高いようです。2〜3週間の潜伏期間を経て、発熱で発症し、乾いた咳がだんだんひどくなっていくとのこと。まわりにマイコプラズマ感染症の人がいたり、咳が長引いたり、発熱が治まらない場合はこの病気を疑ってもいいかもしれません。マイコプラズマかどうかの検査は、熱が出てから一週間程しないと結果が出にくいようです。

1日目 発熱

お昼頃からなんだか熱が出てきました。なんとなく本人も疲れた感じなので、早めに就寝させました。だいたい37・5〜38・5度の熱が上がったり下がったりという感じ。熱せん妄という、幻覚が見える症状もあったため、目が離せませんでした。咳はまだありませんでした。

2日目 高熱・咳の出始め

朝から38度台で熱が下がる気配が見えなかったため、近所の小児科を受診。のども少し赤く、風邪でしょう、ということ。特に学校で流行っている病気もなかったため、私も風邪だと思っていました。熱せん妄の件も先生にお話ししたら、大きい病院で今から見てもらうよう言われたため、だるそうな子どもを連れて、総合病院へ。結果、やはり熱せん妄とのこと。特に対応しようがない症状なので、そのまま帰宅。子どもの体力を消耗させるだけになってしまい、少しかわいそうでした。この日は咳も少し出始め、38・5〜39・5度の熱がありました。結構しんどそうでしたが、少量の食事と水分が取れていたので、あとは快適に過ごせるように氷枕や、おでこを冷やすなどひたすら看病。この日は、薬をいくつかもらい、抗生物質(メイアクト)もいただきましたので、飲み始めました。

3日目 40度を超える高熱とだんだんひどくなる咳

この日も朝からまったく熱も咳も良くなる事がなく、心配になり始めました。普段の風邪ならもうそろそろ快方に向かう頃です。薬もしっかりと飲み、一日中ベッドの中です。ほとんど寝ている、といった感じ。40・5度となった時は、一体どうしてしまったんだろう?と不安でした。翌日が祝日だったので、もしも子どもの元気がなくなったり、食欲がまったくなくなった場合は救急を受診する覚悟でいました。咳がだんだんと増えて来て、このあたりから「マイコプラズマかも?」と思い始めました。数ヶ月前に学校で流行っていたので、周りから症状を聞いていたので、もしかして、となったのです。で、ネットでいろいろ調べてみると、まさにこの症状!といった感じでした。昨日いただいたメイアクトは、マイコプラズマには効かないことも判明。ただ、このときすでに深夜でしたので、翌々日に小児科に行くしかないと思い、なんとか看病しました。

スポンサーリンク

4日目 咳がひどい!

この日は36・9〜38・7度の熱でした。食欲はあるようですが、たくさんは食べられない様子。咳がかなりひどくなり、苦しそうに見えたのですが、本人に聞くとそれほど苦しくはないそう。一度寝てしまえば、夜に咳き込む事はあまりありませんでした。

5日目 小児科受診

朝一番に受診。先生に今までの経過を伝え、マイコプラズマじゃないかとお話ししました。先生ももちろん疑っていて、レントゲンを撮ると、白いもやっとしたものが。軽く炎症を起こしているとの事。薬は今までのメイアクトは効かないので、オゼックスという抗生物質が処方されました。処方されてすぐ、朝の分のオゼックスを飲みました。すぐに効く訳ではない、と言われていたのですが、一刻も早く楽にしてあげたかった…血液検査は特にしませんでした。この日も薬を飲んで、よく眠っていました。

6日目 熱が下がった

昨晩から熱が下がり、そのまま上がる事はありませんでした。食欲も徐々に復活し、テレビを見たりゲームをしたりして、少し元気になってきました。きっとオゼックスが良く効いたんですね。もっと早く楽にしてあげたかったわ…でも、元気になってきて良かった!!!薬ってすごいな〜と改めて思いました。ただ、咳がかなりひどい。のどが痛くて辛そうでした。

7日目 熱は完治 咳も徐々に減っています

もう熱の心配はなさそうです。咳もみるみる減って来ています。食欲は元に戻り、家で元気に過ごしていました。私もようやくほっとでき、一週間の引きこもり生活から脱出できそうです。翌日はもう一度受診して、小学校に行っても良いか確認する事にしました。

意外と長引き、このつづきはコチラ

マイコプラズマ感染症を看病して思った事

流行していない場合、すぐに診断してもらえず長引く事を知りました。実は、以前に流行があった際に、下の子が発熱と咳を発症し、ジスロマックという抗生物質を処方され、すぐに回復したことがありました。なので、流行していた方が早く対処してもらえるのかもしれませんね。結構な高熱が続くので、熱せん妄や熱性けいれんの既往がある子どもを持つ親はヒヤヒヤしますね。今回は解熱剤を二回使用しましたが、それほど効果がありませんでした。熱を乱高下させるだけで、本人の体力を奪ってしまった気がしています。途中からは自然に任せて発熱させていましたが、そちらの方が良さそうな感じでした。大変ですが、無事に元気になってよかったです。

スポンサーリンク