子どもを連れて、横浜美術館を楽しむコツ。

時々、見たい展示があると横浜美術館に行きます。渋谷からのアクセスも良いので、子連れでも気軽に行けますよ。今回は、横浜美術館はもちろん、周辺でランチや観光も楽しんできたのでご紹介したいと思います。うちは低学年の子どもも連れて行ったので、小さな子連れの方の参考にもなれば嬉しいです。

スポンサーリンク

横浜美術館へのアクセス


渋谷からみなとみらい線直通の「東急東横線」に乗れば、1本で最寄りのみなとみらい駅に行けます。特急に乗ると、渋谷からみなとみらい駅までは約30分。みなとみらい駅からは徒歩5分ほどで横浜美術館です。3番出口から出るのが一番近いですよ。

他のアクセスについては、横浜美術館HP http://yokohama.art.museum で確認して見てください。

電車に乗る時間が長いので、ゲームや本、お菓子を持って行って子どもを飽きさせないのは基本かと思いますが、せっかくなのでしりとりを30分やりながら行きました。普通のしりとりではなく、名前しりとりです。

苗字か名前(外国人も可)で、淡々としりとりをしているとあっという間にみなとみらいに到着。キラキラネームに「それはいないでしょ」とツッコミを入れながら、大人も楽しむのです。子供を飽きさせずに美術館まで行けますよ〜。

横浜美術館を楽しむコツは3つ


まず1つ目のコツ、事前に展示のHPをチェックして興味を持たせましょう。私たちは今回、「ファッションとアート」展と「自然を映す」というコレクション展を見る予定だったので、子どもと一緒に事前にタブレットでかるーく展示の目玉をチェックして行きました。

IMG_0300

ポイントはかるーくチェック、です。あまり勉強っぽくなると確実に美術館嫌いに近づきます…このチェックは、自分自身が楽しむためにも必要だと思うのでぜひやってみてください。

これをやっておくと、横浜美術館で展示を見ている時にチェックしたものがあると結構興味を持つのです。大人も子供も。今回はファッションや自然の展示だったので、子どもが興味を持ちやすく、いつもよりはゆっくり展示を鑑賞できました。

横浜美術館は展示の合間にトイレやベンチがあるので、子供が退屈しても一休みが気軽にできます。広いので開放感もあって、家族で鑑賞しやすいのです。どうしても飽きてしまった場合でも、周辺施設へのアクセスが良いので、ありがたい。

スポンサーリンク

2つ目のコツは、子どものアトリエ・親子のフリーゾーンという子供のプログラムや、ワークショップへの参加を検討することです。横浜美術館の子どものワークショップは日程が決まっているので、結構前もっての申し込みが必要なのでご注意ください。

子どものアトリエ・親子のフリーゾーンは日曜日の10時〜11時30分までのプログラムで(毎週ではありません)、事前予約が必要です。この事前予約が約1週間前〜2日前までできるので、子どものアトリエ・ワークショップよりは申し込みがしやすいです。横浜美術館のHP http://yokohama.art.museum からネット予約が簡単にできますよ。

子どものアトリエ・親子のフリーゾーンの利用は保護者と中学生以上は1人100円です。子供は無料ですよ。定員制になっているので、申し込みはお早めに。

実は私たち家族や子どもは参加したことがないのですが、先日覗いて見たらこんな感じでした。これ、朝の10時過ぎの子どものアトリエの混雑状況です。結構たくさんの人がいましたよ!

IMG_0301

絵の具や水を使うエリアです。これは着替え必須ですね。このエリア以外にも粘土や紙を使って工作するコーナーもありますので、子供はとっても楽しめると思います。

子どものアトリエ・親子のフリーゾーンは小学生以下の子どもと保護者で利用できます。子どもだけ、というのは利用できません。なので、子供を置いて親は横浜美術館に、ということはできないのです。

ここに行くためだけに横浜美術館に行くのもいいと思います。けれどもせっかくなので展示を楽しんでから、子どものアトリエ・親子のフリーゾーンに行けたらいいですよね。例えば、展示を30分ほど楽しんでから、親子のフリーゾーンに行くのはどうでしょう?親子のフリーゾーンは11時まで入場可能ですよ。

そうそう、横浜美術館のエントランス前にこんな噴水の遊び場がありました。着替えがあれば小さな子どもから小学生まで楽しめる綺麗なところでした。うちも次は着替えを持っていてあげたいです。

IMG_0302

ちなみに美術館にあるカフェやミュージアムショップは子ども連れにはあまりオススメしません。カフェは静かな感じだし、ミュージアムショップは子どもの興味を引くものがいっぱい!落ち着いた子どもなら、大丈夫かと思いますが…

さて、3つ目のコツですがランチを食べる場所をや午後の予定を先に決めておくことです。10時から横浜美術館を楽しんだとして、11時30分には見終わっていると思います。ここからランチに行くなら、横浜美術館目の前にあるマークイズがおすすめ。

マークイズの中には飲食店はもちろん、フードコードもあるので、早めの時間に行けばそれほど待たずにランチできます。小さな子連れも多いので、利用しやすいですよ。今回は天気が良かったので、地下の惣菜屋さんやお弁当屋さんでテイクアウトして、美術館前の大きな石のベンチで子どもと一緒にランチしました。

外でランチも今の時期は気持ちが良くておすすめです。ちょうど大道芸が目の前でやっていたので、それを見て盛り上がりながらランチしました。

IMG_0297

横浜美術館目の前に設置されたこの跳び箱を跳んでました…すごい。

ランチ後はみなとみらいを楽しもう!


横浜美術館を楽しみ、ランチのあとはせっかくなので散歩しながら、赤レンガ倉庫やマリンウォーク、中華街などを楽しんで見ては?歩く距離は長いですが、途中で芝生や公園があったり、水場があるので、子どもも喜んで歩いていました。

IMG_0308

横浜美術館の情報


開館時間 10時〜18時(入館は30分前まで)

休館日 木曜日と年末年始

観覧料 企画展はHPを確認。コレクション展は一般500(400)円、高大生300(240)円、中学生100(80)円、小学生以下無料       *( )内は有料20名様以上の団体料金(要事前申込)

詳細は 横浜美術館HP http://yokohama.art.museum/index.html をご確認ください。

こんな記事も読まれています。


[wpp range=”weekly” order_by=”views” limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

スポンサーリンク